スケジュール

   2020/10 < 2020/11 < 2020/12 < 2021/01 < 2021/02

いずれの日もチャージとは別にドリンク代¥500頂戴いたします。

どのパーティもお薦めですので 興味をおもちであればぜひ遊びに来てください!

ご予約は チケット予約フォーム にて常に受け付けております。

1(木)  BAR営業&グッズ即売会

スペシャルアテ:まあこおばちゃんのチヂミ
商品:愛しのグッズたち

[open] 19:00 / [start]   [adv] \FREE / [door] \

2(金)  『アヴェンジャーズ「エンドゲーム」を観る会』*基本BAR営業です

今夜のBAR営業です。エンドゲームをみんなで観ます。みんな集まってくれるかな…。

6月。配信ライブでなんとか営業をつづけているものの、打ち上げもなく酒も飲まずに家にまっすぐ帰る毎日。夜が暇。そもそも朝方3時や4時に寝る生活のリズムができてしまっているから。漫画読んだり本読んだり映画見たりするわけですが、この時選んだのは映画。ずっと観たいと思って観て無かったMCUシリーズ。だってたくさんありすぎて。で、これはいい機会だし最初から観るか、と。観始めた「アイアンマン」…そこからノンストップ。3日に2本くらいのペースでぶっ通し。
「キャプテンアメリカ」の頃に仲のいいミュージシャンに「今観てるんすんよね?どこっすか?あー、まだ最初の方っすね。おれもその頃に戻りたいっすわ…」って嘘、こんなにかっこいいだけのディスイズアメリカ映画にこの先何が待ってるの…!?って、ちゃーんと「シビルウォー」でとことんいたたまれなくなり、「インフィニティウォー」で取り乱し平静を取り戻すために外に朝焼けを観に行き、「エンドゲーム」ではずっと泣いてるという嵌りっぷり。

その後何度エンドゲームを観た事か…。毎度毎度同じ場所で興奮して同じ場所で泣く…。これを好きな人間で共有しながら、大声で笑ったり応援したり泣いたりしながら観たい!!やるしかない!!ということで開催です。

MCU好きはアッセンブルでお願いします!!爆音で行きます。もちろん。

[open] 19:00 / [start] ゲームスタート20:30  [adv] \FREE / [door] \

3(土)  【観客数限定&ライブ配信】
『6弦で目一杯鳴らす』

DoReMi / the sprawls

□配信URL:nanoのYoutubeチャンネル
*チャンネル登録お願いします!
□投げ銭方法:
STORES.jpにて投げ銭札をご購入下さい。
Paypalmeにてご送金ください。
*その他方法(pringアプリ内送金、銀行振込)はこちら
☆投げ銭方法に関してはこちらの動画もご参考に

洋楽志向強めというか、根本にブリットポップとUSオルタナがそれぞれしっかり感じられる2バンド。アウトプットはまた別だけどね。

DoReMiは京都立命館大学のサークル・ロックコミューン所属のバンド。彼らの代のコミューンは自分たちの好きな音楽にしっかり向き合ってるバンドが複数あって、その中の一つ。去年から何度も出てもらっていて今年の春は16周年ファイナルに出てもらう予定だったくらい好きなんだけど、コロナで流れちゃったからせっかくなんで再びじっくり育てようかなって思ってます。ま、前回出した指示は「もっと音量出しなさい」なんだけど笑
スミスやオアシスがベーシックにありながら日本人らしい奥ゆかしさのある歌を聴かせてくれるこのバンド好きなんだよな。

the sprawlsは初登場。こちらも現役の立命館大学生がいるんだって。やっぱ京都のオルタナが立命館から出てくることが多いね笑って全員がそうかどうかしらないんだけど。バンド名がこれだからsonic youth好きなんだろうなとは思ってたけど、音源聴いてこれはもうそうだろうって感じでした。simpoでコイズさんが録ってるし、GROWLYで幾度かライブした後にやったnano登場って、京都の若いオルタナのバンドのが進むべき道辿ってるね笑 音は大きい奴で頼むぜ?そうじゃなきゃかっこよくないからな!笑

とこんな若い2バンドの共演、土曜日にやるのは珍しいけど、こういう夜に奇蹟が生まれたりするから配信含めてお楽しみに!

[open] 19:30 / [start] 20:00  [adv] \1500 / [door] \

4(日)  【観客数限定&ライブ配信】
the seadaysの『ENTER THE DRAGON‐技の間⊸』

Amsterdamned / the seadays

□配信URL:nanoのYoutubeチャンネル
*チャンネル登録お願いします!
□投げ銭方法:
STORES.jpにて投げ銭札をご購入下さい。
Paypalmeにてご送金ください。
*その他方法(pringアプリ内送金、銀行振込)はこちら
☆投げ銭方法に関してはこちらの動画もご参考に

the seadaysの定例企画の第3回。各フロアにいる5人のボスを倒せばクリア、はいはいドラゴンねってあれです。少年ジャンプこじらせ系です。こじらせてこの企画思いついたの僕ですが。
今回の「技の間」のあとは「心の間」そして最上階「命の間」へと続く予定だったのですが、コロナのせいでもうなんだか曖昧になってきて「どうすんねんこれ」状態ですが、「命の間」と「心の間」の対戦相手はこれしかないってのがもう決まってるんで、それが実現できるまで本ステージである五重塔を増設して七重にでも十重にでもしてやります。建設業者呼びます。(ブックする僕なんですが)

さて。現在めきめきと実力を伸ばしてきてるthe seadaysですが、その要因の一つはコロナ禍に突入しても止まらなかったことですね。当時は「配信ライブ番長っすよ、おれら!」なんて笑ってましたが、配信だろうが何だろうがライブしまくり、「いや迷うんならやりましょ」的な。その潔さはかっこよく、慣れない環境でのライブの経験は確実に彼らをスキルアップさせました。その証拠の8月末のナノボロフェスタでのライブ。いやはや素晴らしかった。なのに共演者のライブをみて悔しがるメンバーの頼もしさよ。まだ伸びるね。

今回の「技の間」に控えるは大阪のシューゲイザーヤクザAmsterdamned。シューゲイザーヤクザって何だって思ったけど、確かにシューゲイザーでほんまもんのチンピラ(ほんまものじゃないよ。普通の仕事してるよ)やもんな。ドラムのチカラくんハードリカー飲まな手が震えるって言ってたしな。アル中やん笑 
ヤクザかチンピラかカタギかは置いておいて、まー、とにかく強敵です。「力の間」の松本も「武の間」のアフターアワーズもなかなかの名勝負でしたが、今回はゲームオーヴァーになってまた1階からやり直しなんてこともあるかもな。音がでかいし、美しいし、優しいし、メロも言葉もいい、色気もあるし、なんならダブワイズで店のPAが思いきり加担してるし笑、勝てるとこあんのかな、なんて思ったりもしますが、the seadaysの主戦場たるnanoです。地の利をいかすしかない(は?)。死闘を繰り広げ見事に3階クリアしなくちゃな。仲のいいパイセンに勝たなくちゃあ、めっちゃリスペクトするけど仲いいわけじゃないパイセンに今後勝てるはずないしな。

頼むぜ。
あ、アムス3人も容赦ないのやってやろうぜ(お店の人アムス側説あり)。

楽しみだな。次の日休みだし。あ、そうそう、次の日休みだし。

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \2000 / [door] \

5(月)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

6(火)  

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

7(水)  【観客数限定&ライブ配信】
『WITH BLACK GLASSES』

Fancrab / 長谷川慎平

□配信URL:nanoのYoutubeチャンネル
*チャンネル登録お願いします!
□投げ銭方法:
STORES.jpにて投げ銭札をご購入下さい。
Paypalmeにてご送金ください。
*その他方法(pringアプリ内送金、銀行振込)はこちら
☆投げ銭方法に関してはこちらの動画もご参考に

Fancrab。IKIMONOのドラム、セブンが大学生時代にやってたバンドを「やっぱやりてえ」って復活したというバンド。ピーズが好きっていうのは送ってくれた音源を聴いてわかったんだけど、ライブを観て思ったのは全般的に所謂「粗削り」な音楽が好きということ。バンドとしてきっちりまとめ切れるスキルのない「ミュージシャンに憧れるミュージシャン」が思ったことは、クールに決めきれるかどうかわかんないけど「これならできるかもしれん」って「好き」と「憧れ」だけで始めたような、ヒロトの言ってた「ローリングストーンズを聴いても絶対真似できねえって思ったけどセックスピストルズを聴いたときにこれならできるって思った」って話のような、それと似てるんじゃないかなって思ったんだよな。だから、昔やってたバンドを復活させたにもかかわらず、イノセントな初期衝動みたいなのを感じるん。それがかっこいいん。

対する長谷川慎平はブルースの塊。大学卒業して仕事始めたけど長続きせず、新しい仕事始めたけどそれもいつまで続くかわかんないし、でも好きなバンドがいてそれに憧れて「俺だって」って思ってギター弾いて唄ってきたけど、そのバンドが解散するってニュースみたし「永遠なんてないんだな」って実感したし、でもライブ決まってるし何より歌唄いたいし、でもどうしていいかわからんよ実際、客も呼べねえし。とか悩んでそうだなあ。でも長谷川、安心しろ、俺とnanoは本気でお前の武骨なキャラとそんなお前は絞り出す歌が大好きで聴きたいから呼んでるんだ。

という、水曜という週の半ばから、かなりミュージシャンズマインドとしてはドープ(だと思う、僕は)な、だからこそ僕が大好きなタイプなロックンロールが鳴り響く夜だと思います。
もう、めっちゃくちゃ楽しみ。

曝け出せよ。

[open] 19:30 / [start] 20:00  [adv] \1500 / [door] \

8(木)  【観客数限定&ライブ配信】
The Shinkos Trioの『Mjög góður tími 2』

The Shinkos Trio

□配信URL:nanoのYoutubeチャンネル
*チャンネル登録お願いします!
□投げ銭方法:
STORES.jpにて投げ銭札をご購入下さい。
Paypalmeにてご送金ください。
*その他方法(pringアプリ内送金、銀行振込)はこちら
☆投げ銭方法に関してはこちらの動画もご参考に

The Shinkos Trioの平日ワンマンを定例化しようと思っています。

対バンありきでみるのももちろんいいんだけど、チャージを安めで遊びに気安く、1日の疲れをゆっくりと癒してくれるような、かつ明日への活力を生んでくれるような、そしてスーッと眠りに誘ってくれるような、そんな音楽だけが流れる夜が2,3ヶ月に1度あってもいいと思いませんか?
部屋の中のオーディオから、枕元のガジェットから、耳元のイヤフォンから流れる、大衆ではなく聴いてくれているその一人一人の心に届くとてもプライベートな音楽。手元にあるのはウイスキー?ビール?コーヒー?ホットチョコレート?ホットミルク?別に焼酎でもいいよ?それらを口に含むと温かさや冷たさが身体に広がっていくような、それと一緒に優しい音も広がっていく、そんなベッドサイドミュージックのみが流れる夜、それがThe Shinkos Trioの『Mjög góður tími 2』。アイスランド語で「とても楽しい時間」と言う意味です。
皆で共有できる時間だけが楽しいものとはいえません。全てはプライベートな体験から始まるのですから。

ワンマンとなると、しっかり時間をかけて音が作れるのも良くて。というのは、音量も大きくないし、勢い任せで出せばいいって言うものじゃない、とても繊細な音楽が彼らの音楽。広大な大陸や夜空を想像してもらえるような広い音作りにもこだわりたいし。そしてそこに乗る確実に届けたい音楽や生活への愛もちゃんと表現したい。
前回のワンマン(配信のみ)は初夏のこと。夏が過ぎ秋を迎え初冬に差し掛かろうとし、さらに彼らの音楽が似合う季節になってきました。
素晴らしい音で今夜のあなたの生活を彩りたいと思います。
お楽しみに。

[open] 19:30 / [start] 20:00  [adv] \1500 / [door] \

9(金)  【観客数限定&ライブ配信】
『真実のストレート』

hananashi / 橋田理

□配信URL:nanoのYoutubeチャンネル
*チャンネル登録お願いします!
□投げ銭方法:
STORES.jpにて投げ銭札をご購入下さい。
Paypalmeにてご送金ください。
*その他方法(pringアプリ内送金、銀行振込)はこちら
☆投げ銭方法に関してはこちらの動画もご参考に

嘘はつきたくない。
本当のことだけを歌いたい。
言葉選びはいつだって難しくって、相手がどういう気持ちでこの言葉を聞いてくれてるのかすぐにはわからない。
喜んでくれたのかもしれないし、少し苛立たせたかもしれない。

でも嘘はつきたくない。
本当のことだけを歌いたい。
一生懸命に綴った言葉たちには嘘はたしかにないけど、なんだかカッコつけちゃって自分の言葉じゃないみたい。
だって誰だって精一杯のカッコつけたいものだ。
でもそんな自分が恥ずかしくなったりもする。

やっぱり嘘はつきたくない。
本当のことだけを歌いたい。
サービス精神が旺盛だからってよく言われる。
人の前では笑ってなくちゃって思う。
目の前にいる人を喜ばせたいって思う。
相手は笑ってくれているけど、心の底から本当に喜んでくれているのかな。
そんなことばかり気にしてしまう。

真っ直ぐにしか生きられない。
できることは渾身のストレートを叩きつけることだけ。
それだけしか取り柄がない。
だって嘘はつきたくないから。
真実のストレート。
それが必殺技。

[open] 19:30 / [start] 20:00  [adv] \1500 / [door] \

10(土)  【観客数限定&ライブ配信】
mogran'BAR

Twitch
□配信URL:nanoのtwitchチャンネル
*チャンネル登録お願いします!
□投げ銭方法:
STORES.jpにて投げ銭札をご購入下さい。
Paypalmeにてご送金ください。
*その他方法(pringアプリ内送金、銀行振込)はこちら
☆投げ銭方法に関してはこちらの動画もご参考に

10月のモグランバー。
オープン当初から続いているこのパーティーですが、基本ALL MIX、ジャンルに囚われずDJがそれぞれの持ち味を活かしてそれぞれでプレイ。「自由すぎない?」とか「やっぱある程度ジャンル絞った方がわかりやすくない?」とかいろんな意見が出てくるかもしれんけど、そこは流石の16年半続いているパーティー、DJたちが見事に物語を紡いでくれるんよなあ。みんなバラバラなのに不思議なヴァイブスを生むのかモグランバーの凄いところ。
いや、ほんと楽しいんよ、いつも。

今回はゲストが2人、LADY GAYAが連れてきてくれたガチテクノをプレイするDJらしいです。もうクレジットのパンチラインが凄いよね。BIG松村と犬オブダークネスって笑 犬オブダークネスって笑
テクノのDJのプレイって実は大好きで、もちろんテクノというだけでインダストリアルな音ではあるけど、音が抜かれる瞬間、音が重なる瞬間、それの繋がりによる風景の描き方は人間の所業でしかないし、そう言うタイミングでめちゃくちゃドキっとするしハラハラもするし、とにかく無心になって踊れる純度が高いタイプの音楽だと思ってるんです。

最近映画の中でクラブにおけるパーティーシーンを見かけることが多かったので、今夜はnanoでクラブの空気感、思いっきり楽しみたいと思います!
乾杯しましょう!

[open] 18:00 / [start]   [adv] \FREE / [door] \

11(日)  【観客数限定&ライブ配信】
谷直也の『僕はここに立っているよ 2』

谷直也(Gue) / 渡辺りょう(the seadays)

□配信URL:nanoのYoutubeチャンネル
*チャンネル登録お願いします!
□投げ銭方法:
STORES.jpにて投げ銭札をご購入下さい。
Paypalmeにてご送金ください。
*その他方法(pringアプリ内送金、銀行振込)はこちら
☆投げ銭方法に関してはこちらの動画もご参考に


5月以来の登場です、Gueの谷直也。ソロです。
Gueといえば昨年末のワンマンの記憶がまだ鮮明に残っています。力強く聞こえて実は人間の優しさを盛り込んだとても芯の太い歌を唄うバンド。ソングライターは直也だけではないけど、シンガーは直也だけ。直也の声で唄われるそんな歌と、ついに加速し始めたフィジカルでもってやり切ったあの日のことは2019年ベストバウトの一つだな。
そんなGueは、コロナ禍に入って、メンバーの事情もあり動けていないまま。もっとも辛いのはメンバーの4人だろうけど、あんなワンマンをやってもらえたライブハウスだって辛い。2020年の更なる成長を遂げたGueをnanoで早く鳴らしたいんだもの。たまらず直也にソロで出てもらうことにした5月。時間が空いちゃったけどまた今回も唄いに来てくれるのはとても嬉しい。

対するは最近のU30ではかなり貫禄が出てきたthe seadaysのソングライターでありボーカルの渡辺りょう。
Gueとthe seadaysはそこにmama fu-fuhを加えて「素敵艦隊」というなんつーんかな、イベント?集団?wで共に戦ってきた仲間。本当はここにママフー前田も呼んでの弾き語り3マンにしたかったんだけど前田は諸々の事情で今はライブNG、なので今回は直也とりょうの2マンです。

直也の歌は強く優しいが、りょうの歌は強く冷たい。おそらく前者が主観で後者が客観ということだと思う。直也は直也の思うことを真っ直ぐに周囲の人に向けて唄う。逆にりょうは自分をも客観的に見つめその観察結果を自分に向けて唄う。だから周囲にとっては優しい歌と冷たい歌。
ただ、どちらにしても人間にしか書くことのできない血の通った歌。熱く唄われる感情的な歌といっても様々な形があるもんだな、と思わされます。

このコントラストが味わえるのはnanoだからでしょうね。全てが丸裸にされるnanoというキャパや設備による環境が、2人の哲学をありありと暴いてくれます。2人ともしっかり唄うから、また説得力あるんだ、それらに。

日曜日の夜、それぞれの音楽の面白み、それぞれ人間の面白み、そしてそのコントラストを、味わいにいらっしゃいませんか?
お待ちしております。

あ、2人の共通点ありましたね。
ちっさい(背が)。
(僕もやけど)
(前田はおっきい)
(背が)

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \2000 / [door] \

12(月)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

13(火)  【観客数限定&ライブ配信】
『プライベート・レッスン』

Sound Design Works / 火暗し

□配信URL:nanoのYoutubeチャンネル
*チャンネル登録お願いします!
□投げ銭方法:
STORES.jpにて投げ銭札をご購入下さい。
Paypalmeにてご送金ください。
*その他方法(pringアプリ内送金、銀行振込)はこちら
☆投げ銭方法に関してはこちらの動画もご参考に

プライベート・レッスン。
わかりやすく直訳すると家庭教師。個人授業。

Sound Design Works(以下SDW)は4人組のポストロック・インストバンド。ギター2本、ベース、ドラムそれぞれの楽器のフレーズの絡み合いがクールで特徴的だが、敢えて重ねた音圧による表現を見せることも。
火暗しはラッパー。トラックをバックに綴ってきたリリックを空間に向けて放つ。日常の中のやるせなさ、生き辛さを赤裸々に唄ったと思えば、その中で見出した光について胸を張って大きな声で喜びや希望を吐露する。

2アーティストとも、とても感情的感傷的なアーティストである。フロアへのその伝達にこそ、そのステージの醍醐味がある。しかし、所謂「共有」を目的とした音楽ではない。なぜなら彼らがその形と表現方法を学んだのがおそらくたった1人で音楽を聴いた時だから。部屋の中、通勤中、食事中、状況は様々だろうが、「この音楽を自分もやりたい」と思った時というのは、皆でライブを楽しんだ時の体験が、とかそういうものではない。自分が1人でいるときに得た感覚をなんとか表現したいというものだろう。そうでなくては、あんなに繊細で美しい音と言葉を発することなんてできない。「自分だけの感覚」だから真っ直ぐにエッジを効かせることが出来る。

その時に聴いた音楽に彼らは「プライベート・レッスン」を施されたということだ。そして彼らは「共有」を求めない。フロアには複数人の客やスタッフがいるかもしれない。だが、彼らの鳴らす音楽は個人に響いた時こそ魅力を発揮する。だってその経験が自分にもあるから。フロアは「個」の集合であるから、それは可能だ。
つまり、今回、彼らが「プライベート・レッスン」を施す側ということだ。
開始のベルは20:00。お楽しみに。

[open] 19:30 / [start] 20:00  [adv] \1500 / [door] \

14(水)  【ライブ配信】
『その釘をどこに打つ』

かゑる / chori

□配信URL:nanoのYoutubeチャンネル
*チャンネル登録お願いします!
□投げ銭方法:
STORES.jpにて投げ銭札をご購入下さい。
Paypalmeにてご送金ください。
*その他方法(pringアプリ内送金、銀行振込)はこちら
☆投げ銭方法に関してはこちらの動画もご参考に

釘。
板と角材など何かと何かを結合するために打ちつける金具。
バットなど、そこに半分打ち込むことによりそれを攻撃力の高い武器にする金具。
そこに何かしら(例えば愛)を引っ掛けるフックとして打ち付ける金具。

僕らは釘を打つ。
あなたの心とわたしの音楽を繋ぐために。
わたしの音楽を、あなたの心にインパクトのある印象を与える武器とするために。
聴いてもらえるようにわたしの音楽を然るべき場所に提示するフックのために。

僕は、ライブハウスという業務は決して裏方でないと思っているところがある。ライブハウスがイベントを企画して出演者の演奏を届けるということは、それはミュージシャンが音楽を演奏するのと近い(もちろん作曲をしないわけだから絶対の平行線ではあるが)。
nanoは僕の楽器だし、ブッキングやタイムテーブルは僕のセットリストだ。つまり、nanoのイベントは、nanoという音楽家のライブだ。

そして今回、nanoも勿論釘を打つ。
心に届く言葉をアカペラで操る詩人chori、リズムとディストーションの重なった時の倍音に磨きをかけつつあるギターロックかゑる。
どちらも響きの美しさと感情的な表現で勝負するアーティスト。異色な組み合わせに見えてアウトプットの形に差があるだけ。
ステージには準備の整ったかゑる、その前で彼らに向き合い言葉を綴るchori、それを受けて音を放つかゑる、その後に打って変わっての静寂の中でchoriが口にする言葉は決してデザートではない。

バンドと詩人の、ヒリついた対面ライブをお届けします。
カメラワークにも乞うご期待。

[open] / [start] 20:00  [adv] \投げ銭 / [door] \

15(木)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

16(金)  『イッツファンタイム』

Guest DJ:S.S.SOUL / チャーケン(And Summer Club)
DJ:John / 832boy(THE FULL TEENZ) / ナツコ(メシアと人人) / うみざる(ネオンズ) / モグラ(nano)
FOOD:DAI's PIZZA(宅配ピザを頼むだけです)

【FOOD持ち込み自由】
不定期開催からいつしかレギュラー化、毎月第3金曜の夜に開催されることになったイッツファンアイム。基本BAR営業にはなるんですが、DJもいるし(DJっていっていいのかわからないけど)ピザも頼むわで、これはアメリカの映画に出てくるアパートの一室でやっちゃう所謂「パーティー」の一つなんじゃないかなーなんて調子こいたこと思っています。
週末の夜に見知った人間が集まって好きな音楽をかけながら、それについて談義したり、近況を伝えあったり、ピザに舌鼓を打ったりなど、まあ、ホームパーティーっていうか「宅飲み」?笑 勿論誰だって遊びに来ていいし、「DJがいるってなんか洒落てない?」なんて抵抗持っちゃう人も気にすることなく遊びに来てください。だってさっきも言ったけど、DJってか「好きな曲を脈絡もなくかける人」ですから笑 友達の家に集まったときに好き勝手音楽かけて勝手に楽しんでる奴がいるような風景観た事ありませんか?マジでただのそれです笑

僕らは友達同士で気楽に集まれるような遊びがしたいだけ。で、そこに鳴ってる音楽にたとえ1曲でも出会いがあればそんなに素敵なことはないんじゃないですか?そしてそこで新しく友達ができたりすることもあるかも?なんて期待も持っちゃって。
これってお酒の場所ではもちろん、ライブハウスやクラブの根本的な「そこにある意味」の一つだと思うんだ。

なので、「まいど」「お。いらっしゃい」な感じで軽く遊びに来てくださいな。



[open] 19:00 / [start]   [adv] \1000w.2d / [door] \

17(土)  【観客数限定&ライブ配信】
THE L.B.presents『MAN-KiN vol.6』

THE L.B. / bud&harbor

□配信URL:nanoのYoutubeチャンネル
*チャンネル登録お願いします!
□投げ銭方法:
STORES.jpにて投げ銭札をご購入下さい。
Paypalmeにてご送金ください。
*その他方法(pringアプリ内送金、銀行振込)はこちら
☆投げ銭方法に関してはこちらの動画もご参考に

最近のnanoの推しメン、THE L.B.の定期企画の6回目。え?6回目?もうそんなにやってんの?
今はマンスリー出演枠として登場する彼らですが、思えば成長したものです。

初めて登場したのは2019年の1月。「ブッキング希望」と送られたきたメールには「海外を目指しています」なんてことが書かれていて「ふーん」と観てみればなるほどやってること的にはそれがわからなくもない。でもまあ、頑張って背伸びしたんやなっていう印象。(ちなみにその日に「お前は動けるデブになれ。サモハンキンポーを目指せ」といったのは僕です)
出来上がってないバンドってのはクオリティ的に約束されるものではないので、2回目以降のブッキングを組むのは実はとても難しい。「若い奴の成長のスピードは速い」という経験則でもって誘い続けていると、やはり予想通り、この2年弱でえらく成長したものです。いまは関西の若手では注目されるバンドの一つになってるんじゃないかな。
次回出演するのは今月25日なんですが、これ、ツアーの主役の突然少年からの逆指名だったんです。「気になってるんです」と言われ「あ、顎で使えるタイプなんで多分行けますよ」と答えると「そんな感じしてました」って笑 顎で使ってるってのはさすがに盛ったけど、そんなライブハウスと若いバンドの信頼関係、僕はとても好きですよ。飽くまで「対等な20歳くらい下」という認識なんでご安心を。

そんなL.B.が今回2マンの相手に選んだのはまたしてもbud&harbor。あれ、前もこの2マンだったよねえ。揶揄する意味で「どんだけ好きやねん」ってサモハンに言ったら「めっちゃ好きなんです」って、ちがうそうじゃないな答えかえってきて逆に何も言い返せなくなりましたが笑、ま、仲のいい先輩でかつ同じくまだキャリアは若いバンドが傍にいるってのはとてもいいのかも、とも思います。音楽家然として信頼できるアンサンブルを鳴らしてくれるbudも観るたびに良くなっていくしな。

よし、一先ず身近なパイセンからぶっ倒していくか!

[open] 20:00 / [start] 20:30  [adv] \2000or投げ銭 / [door] \2500

18(日)  【観客数限定&ライブ配信】
『おかえりランタン』

花柄ランタン / メシアと人人

□配信URL:nanoのYoutubeチャンネル
*チャンネル登録お願いします!
□投げ銭方法:
STORES.jpにて投げ銭札をご購入下さい。
Paypalmeにてご送金ください。
*その他方法(pringアプリ内送金、銀行振込)はこちら
☆投げ銭方法に関してはこちらの動画もご参考に

大阪から京都へ、京都から東京へ、そして地元大阪堺に帰ってきた花柄ランタン。東京に引っ越してからも順調にその活動を続けていた二人だったけど、このコロナ禍に突入しての東京の活動には思うところあったんだろう、再び関西発信のミュージシャンとしてその道を進めることに決めたようです。
オフィシャルツイッターでの「我々は夏明けに大阪に帰ります」というアナウンスを見つけて直ぐにギターの村上に連絡、「10月あたりにnanoでやろう!花柄ランタンのnanoリバーブを配信で世界に向けて発信しよう!」と。もちろん即決まり。花柄ランタンが帰ってくるなら何する?と最初にイメージできたメシアとの2マンで敢行。花柄二人とメシア二人の合計4人だけの出演者による人間の生活が織りなす宇宙の歌!(は?)最高ですね!!

花柄ランタンはこのイベントの告知をするときに「僕らのホームnanoで」と謳ってくれていました。確かにメモリアルなタイミングでのワンマンライブを何度もやってくれたし、nanoの周年ファイナルやナノボロに出てくれたりもしてるし(いつかのLOVE FESTAで初めて「やわらかパンクス」を演奏してくれた時と、いつかのナノボロでのマドラグでの演奏中外に漏れ聴こえていた「サニー」をおじいちゃんがカブを停めて聴いていたことが印象深い)、僕らのハコとミュージシャンの関係性は確かに深い。でも、こんなこといっちゃダメなのかもしれないけど、僕の中ではファンダンゴの花柄ランタンが京都まで来てくれたって気持ちがどうしても勝ってしまう(二人が京都に住んでいたときですら)。もちろんファンダンゴだって二人ともホームであるって思ってるだろうし、これは僕の他のハコに対する変なコンプレックスのせいなんだろう。それを払拭するための日々のパーティーメイキングであったりするんですが、それを「は?」と軽くあしらい「僕たちのホーム」と大きな声で言ってもらうことに、そんなたった一つの言葉に今回も僕は涙ぐむほど喜んだのでした。

とにかく、お帰り!花柄ランタン!メシアの二人と一緒に温かく迎えるで!でもしょーもないことしたらそっちが滑ったことにしかならないツッコミを容赦なく入れるで!nanoは相変わらずやで!安心して身を任せて!

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \2000 / [door] \

19(月)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

20(火)  

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

21(水)  【観客数限定&ライブ配信】
『ヒロシとキヨシ』

梶本ヒロシ / 山下キヨシ

□配信URL:nanoのYoutubeチャンネル
*チャンネル登録お願いします!
□投げ銭方法:
STORES.jpにて投げ銭札をご購入下さい。
Paypalmeにてご送金ください。
*その他方法(pringアプリ内送金、銀行振込)はこちら
☆投げ銭方法に関してはこちらの動画もご参考に

山下キヨシ「虎の穴」シリーズ【名前3文字しばり2マン】。
今回は7月の開催予定だったが諸々の都合で延期、その日は僕と梶本の二人で飲みに行っただけという「ヒロシとキヨシ」の振替公演。
年の差は、15くらい?キヨシもなかなかのベテランになってきたはずなんだけどな笑、梶本は歳がわからんな。20年くらい前からずっとあのままだもんな笑 

キヨシの歌と梶本の歌が果たして相性がいいかというとよくわからん。まあ、それは飽くまで僕の感覚の話だけど、キヨシは自分の生活をストレートの表現するけど、梶本はその生活をもっとぐぐっとのぞき込むというか。どちらが正しくてどちらがダメって話では勿論なくて、生活を歌にするといっても人それぞれあるもんで、前者は唄うことでシンプルに幸せを分け与えようとするけど、後者は唄うことで自分の恥部ともいえるような部分まで曝け出す。でも結局、一生懸命伝えようとする姿は観て聴いている人を魅了するし、その声に耳を傾けたくなる。音楽って凄いなって思うわけです、こういう日には。

世の中には色んな人間がいて当然で、ここで差別に反対するみたいな話を繰り広げるわけではないし(勿論日々考えてはいますが)、「多様性を受け入れる」とか言い出すと少しこっ恥ずかしい気もするんだけど、相手が歩んできた歴史や営んできた生活にたいして想像力を膨らますことはとても有意義なことだと思っています。
「こういう歌じゃないと好きになれない」とか思っちゃうのはただの先入観で、それが覆される事なんてしばしば。言葉やメロディ、バッキングの端々から感じられるだろう行間への意識を高めてみましょう。きっとどちらも楽しめるはず。「コントラスト」ってとても面白いものなんです。
同じ人間なのに、違うんです。それをどちらも楽しもうとしてみることが大切なんですよね。

[open] 19:30 / [start] 20:00  [adv] \2000 / [door] \

22(木)  

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

23(金)  BAR営業&グッズ即売会
『masuda-ミキティ-miki BIRTHDAY BASH』

主役:ミキティ
BGMセレクト:ミキティ
トーク:ミキティ
ドリンカー:ミキティ
毒舌・悪態:ミキティ
スペシャルアテ:焼きそば(なぜ?w)

nanoのマスコットキャラ?なのか?ミキティこと増田美紀の誕生日会をやります。毎年この時期はボロフェスタの直前もしくは開催当日だったりして祝う暇なんてなかったんだけど、今年は中止ということで店を上げて誕生日会してやろうじゃないか、と。本人と企画したわけではありません。本人のあずかり知らないところで勝手にスケジュールの更新もしています。でも公開してるからサプライズってわけでもありません。
「これ…あたしの人望が問われてませんか…」と暗い顔していたので、皆さんぜひ集まってあげてくださいな笑
ちなみに彼女は辛いものとチョコレートが苦手。好きなものはチョコ以外の甘いものと、思わず力が抜けてしまうような可愛さのあるものが好きです。前情報です。

さて、ミキティ。
アルバイトからレギュラースタッフになったのが2018年の8月なのでもう丸々2年半(アルバイトから数えるともうすぐ3年)は一緒に働いてきたことになるな。頑固で意地っ張りな小さい女の子ももう29歳。ボロフェスタの中でも肩が凝りそうな大変な仕事を的確にこなしてくれ、今のnanoではカメラマンやデザイナーとして代わりの利かない仕事を一手に引き受けてくれています。自分で主張するのが苦手で、かつ自分のペースでモノを考えるからコミュニケーションが上手くいかなくて「もう!」ってなることもたくさんあるけど、彼女は間違いなく歴代スタッフの中で最も仕事ができる人間です。本当に助かっています。
いつもありがとね、ミキティ。まーこおばちゃんも俺もまじでお前には感謝してるぜ。
彼女の仕事っぷり、「ええやん、ミキティ」ってなったらこれからも直接伝えてあげてください。「ミキティさん、かわいい」とかそういう褒め方は「そんなんいらんねん」という表情を露骨に出すので気を付けて笑

というわけで、盛大に祝ってやろうじゃないの。皆さん、よろしく!

[open] 19:00 / [start]   [adv] \FREE / [door] \

24(土)  【ライブ配信only】
『プチボロフェスタ2020』supported by ボロフェスタ2020

マンチェスタースクール≡ / B玉 / THE FULL TEENZ / CeeeSTee / Hello Honu / ULTRA CUB / ミノウラヒロキ・マジックショー
撮影:Ryoma Matsumoto

□配信URL:nanoのYoutubeチャンネル
*チャンネル登録お願いします!
□投げ銭方法:
STORES.jpにて投げ銭札をご購入下さい。
Paypalmeにてご送金ください。
*その他方法(pringアプリ内送金、銀行振込)はこちら
☆投げ銭方法に関してはこちらの動画もご参考に

今年はなんとボロフェスタ中止ということで空いちゃった週末。なんかできないかなーと、nano周辺でボロフェスタっぽいメンツ集めてみました。って言うほどでもないかな…?とにかく楽しそうなメンツには違いありません。今年地下に出演してもらう予定だったマンチェとB玉、メトロに出演してもらう予定だったCeeeSTee、ホストのULTRA CUBにミノウラ手品、そこにボロフェスタの冠をつけたイベントだしこれを機会に皆に観て欲しいという願いを込めてネガポジ店長率いるHello Honuをぶち込んでの総勢7組によるステージを昼間から配信のみでお届け。
本来なら東西含めてもっと多岐にわたる仕上がりを見せる予定だったんだけど、まあ、このご時世色々あるわな。なかなかにまだまだ厳しい空気感。いっそ地元だけでめっちゃ濃い奴やってやろうやんけ!という強い気持ち強い愛で心をギュッとつなぎます!
みんな部屋で観てもいいし、友達と飲み会がてら観てもらっても、お好きな状況の中でぜひ心の中だけは祭り気分で楽しんでください!
今回カメラマンは数々のイベントやThe McFaddinのメンバーとしてVJで活躍するRyoma Matumoto。彼の漢のワンカメで届けします。ライブ感のあるグイグイくる絵で、ボロフェスタと冠を付けるからにはやはり届けたくて彼にお願いしました。電波の海を越える熱を約束します!!

それではみなさん、アーユーレディ?心の中でのモッシュ、ダイブをよろしくお願いします!

[open] / [start] 15:00  [adv] \投げ銭制 / [door] \

25(日)  【観客数限定&配信ライブ】
突然少年2nd album「心の中の怪獣たち」RELEASE STREAMING TOUR
『FINDING KAIJU TOUR 2020』
※予定枚数に達したため一旦SOLD OUTとさせて頂きます。

突然少年 / 五味岳久(LOSTAGE) / THE L.B.

□配信URL:nanoのYoutubeチャンネル
*チャンネル登録お願いします!
□投げ銭方法:
STORES.jpにて投げ銭札をご購入下さい。
Paypalmeにてご送金ください。
*その他方法(pringアプリ内送金、銀行振込)はこちら
☆投げ銭方法に関してはこちらの動画もご参考に

本来なら25日の日曜日も含めて土日で24日の「プチボロフェスタ」を開催する予定で、でも書いた通り諸々あっ1日で開催、日曜日に決まってたメンツも無理言って土曜日に移動、日曜日の日程指定だった突然少年のみどうするか、と正直に状況を伝えて直談判。すると向こうもアルバムのリリースツアーの真っ最中なのでそれに組み込みましょうとライブの敢行は決定、ちょうど声をかけていたLOSTAGEの五味君の出演も決まり、他ツアー公演にも引けを取らない対バン組めて鼻息荒くなっています。
そこに突然少年サイドからの逆オファーでTHE L.B.をぶっこむという荒業。「気になってんすよね、メンバーも俺も」とはマネージャーのARAYA JAPAN。LBの連中もまさかのオファーに浮足立ってますが、先日の出演時にMCサモハンが「おれ、アウトプットは全然違うけど、バンドとしてのスタンス的にまじ尊敬してんす…突然少年のこと…」と告白、話出来過ぎてるやん、これ。

突然少年の渾身ツアーの一端をオーガナイズできることの喜び、五味君の歌を久々にnanoで鳴らせることの喜び、可愛がってる推し若手に逆オファーが入ることの喜び、これ、ブッカーとしてまじ幸せかも。突然少年には思い切り今の奴らを炸裂させてほしいし、五味君には今のそのままの五味君の歌を聴かせてほしいし(できればめっちゃ酔ってたらいいなあ。ベロベロやのにめっちゃええやんけ!みたいな)、LBは今できるベストをちゃんと見せて、俺とアラヤさんと五味君の3人のおっさんにめっちゃ打ち上げでいじられてほしい笑

と、結局この日曜日もボロフェスタの冠こそ付けてないけど、めっちゃええのになりました!めっちゃええの組んだらちゃんとお客さんも来る!チケット取れなかった人は配信でご覧になってください!投げ銭も必ずお願いしますよ!!


[open] 18:00 / [start] 18:30  [adv] \2800 / [door] \3000

26(月)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

27(火)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

28(水)  【観客数限定&配信ライブ】
『small change vol.6』

西島衛(ザ・シックスブリッツ) /谷澤ウッドストック / 松本敏将(tobaccojuice/くふき、遠隔配信出演)

[open] 19:00 / [start] 19:30  [adv] \2500 / [door] \

29(木)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

30(金)  【ライブ配信】
遠隔2マン配信『暖炉に火をいれようか』

寂しがり屋なピアニシモ / 木箱(北海道より配信)

□配信URL:nanoのYoutubeチャンネル
*チャンネル登録お願いします!
□投げ銭方法:
STORES.jpにて投げ銭札をご購入下さい。
Paypalmeにてご送金ください。
*その他方法(pringアプリ内送金、銀行振込)はこちら
☆投げ銭方法に関してはこちらの動画もご参考に

[open] / [start] 20:00  [adv] \ / [door] \

31(土)  【観客数限定&ライブ配信】
『dead eye』

ゆ~すほすてる / THE MYHALLEYⅡ

□配信URL:nanoのYoutubeチャンネル
*チャンネル登録お願いします!
□投げ銭方法:
STORES.jpにて投げ銭札をご購入下さい。
Paypalmeにてご送金ください。
*その他方法(pringアプリ内送金、銀行振込)はこちら
☆投げ銭方法に関してはこちらの動画もご参考に

[open] 19:30 / [start] 20:00  [adv] \2000 / [door] \