スケジュール

   2018 / 08 < 2018 / 9 < 2018 / 10

いずれの日もチャージとは別にドリンク代¥500頂戴いたします。

どのパーティもお薦めですので 興味をおもちであればぜひ遊びに来てください!

ご予約は チケット予約フォーム にて常に受け付けております。

1(水)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

2(木)  BAR TIME SINGER vol.6

LIVE:ハマモトケンジ / 谷直也(Gue) / わたなべりょう(the seadays)
BGMセレクター:ミキティ / モグラ

新入社員のミキティに無茶ぶりしようぜシリーズ第1弾。

ハマモトケンジは熱い男。まっすぐに熱い男。ひねくれたなんかないし、気の利いたことも言えない真面目な男。そいつが自分とじっくり向き合って綴ってきた言葉は、絶対にミキティに突き刺さります。
谷直也は飄々とした男。もちろん熱いし真面目だし、でも機転が利いた会話ができる面白い男。そいつが周囲を見据えて自分の立ってる場所に足をしっかりつけようとする意志を唄ったメロディも、絶対にミキティに突き刺さります。
わたなべりょうは不器用な男。何ができるかって音楽を綴ってそれをぶちまけることしかできない。そいつが泥にまみれて「伝わんなかたっらそれまで」とシニカルさと希望をごった煮にしてぶちまけてくる感情も、絶対にミキティに突き刺さります。

平日の弾き語りイベントなので、恒例のフランクなこのパーティーにしようと思ったんですが、この3人の歌なら、所謂「意志の強い」音楽に敏感なミキティはアンサーできるはずと思っての無茶ぶりです。
彼女のプレイリストに請うご期待。

[open] 19:00 / [start] 19:00  [adv] \1000w.1d / [door] \1000w.1d

3(金)  イッツファンタイム!

DJ:John(Seuss) / 832boy(THE FULL TEENZ) / ナツコ(メシアと人人) / うみざる(ネオンズ) / モグラ(nano)
*フード持ち込み自由

毎月恒例のフランクお気軽なんちゃってDJパーティー、イッツファンタイム!
バンドマン4人と、ブッカー1人が好きな曲をかけて呑んで遊んでるだけの贅沢な遊びの時間。マニアックな選曲から、だれもが知ってるアンセムまで何でもかかります。だって僕らはなんちゃってDJ、繋ぎとか流れとかおかまいなし!笑
便宜上とはいえ、クレジットにDJと書いてしまってごめんなさい!でもかける曲に込める愛情は世の中のDJに負けてません!多分!世の中のDJって人たちは凄いからなあ!

このパーティー、特色の一つにフードの持ち込み自由というのがあるんですが、皆お菓子を買ってきたりお惣菜を買ってきたり様々持ち寄るんですが、nanoで毎回ピザを頼みます笑 ピザをクレジットにレジデントとして載せてもいいんじゃないかってくらい毎回頼みます。

みんなでピザ食べよ!!笑
あ、フジロック帰りのAnd Summer Clubのチャーケン来るって言ってました!チャーと遊びたい人もぜひ!(客にプレッシャーかけるの初めて)

[open] 19:00 / [start] 19:00  [adv] \1000(w.2drink) / [door] \1000(w.2drink)

4(土)  unizzz... 『F is for France』先行発売パーティ"Are you OK"

unizzz… / 5kai / FLUID / manchester school≡

京都のエクスペリメンタルポップバンド、Unizzz...の新譜先行発売パーティーです!レコ発ではないのかな?まだ発売されてないけど、先に売っちゃうってことよね?あ、わかった。レコ発の日程押さえてたけどレーベルの都合でリリースが遅…!!!やめときます!!
まだ世にリリースされてない音源の先行発売、なんてお得なパーティーなんでしょ!みな買いに集まりなさい!!

unizzz...はG.Vo.こめちゃん・Gt.Vo.塚崎・Ba.かまちゃん・Dr.まおの4人組。そもそも当時の塚崎のバンドが動き辛くなって、塚崎のアナザーワークとして始まったバンド。
それが結成初年度にりんご音楽祭に出演するなどあって瞬く間に京都を代表するオルタナバンドへ。塚崎のストイックというかくそ真面目な性格のおかげで、「この音楽をやるならこの演奏ができなくてなならない!」というガイドのもと、メンバーもしっかりそれについてきたのか、綿密なリハをかなりの回数重ねていくうちに、気が付けば美しい爆音と圧を叩きつけてくれるバンドになりました。(とくに若いリズム隊二人の成長には目覚ましいものがあります)
しかも元より楽曲がめちゃくちゃポップなので、唄えるわ踊れるわ暴れられるわ、とにかく最高のパーティーバンド。それがunizzz...。

今回のメンツは、これ、いかついよねえ…。
それぞれのオルタナティブネスパンクネスやポップネスにぶっとい芯が通っている関西にゆかりありまくりの3バンドとの共演、かなり屈強なメンツのなかで、今のunizzz...なら渡り合えるなあと簡単に想像できるのも凄いことだよ…。

土曜の夜にもってこいのエクスプロージョンパーティー!ものと身体を壊さない程度に大暴れしようぜ!!

[open] 17:30 / [start] 18:00  [adv] \1500 / [door] \1500

5(日)  ミノウラヒロキ Last Walts

Gue / 橙々 / モケーレムベンベ / mama fu-fuh / わたなべよしくに / ゆ〜すほすてる / 百長 / 西向いて北風 / ザ・ラヂオカセッツ / ANABANTFULLS / the seadays / THE MYHALLEYⅡ / 永尾蕗子 / えんま(mock heroic)

どうも、ミノウラです。
「nanoで働かん?」「働きます」と5秒に満たないやりとりを経て働き出し早4年と8ヶ月。
今日でnanoを卒業します。期間的には大学生活よりも長い期間なのですが、本当にあっという間でした。
ほんで僕はつくづく人と出会うセンスが良いなと自画自賛します (笑)
1人でやろうとする割に1人で何も出来ないので、関わる人に甘えて教えられて助けられてきたなぁと。ホンマに感謝しかないし、何より楽しかったです。
この日は集大成という訳ではなく、しっかりと「これからも宜しくお願いします」という意志を込めたブッキングになります。ちょっと長くなりますが、最後の日の出演者紹介をさせて下さい。


西向いて北風 : シンプルなツレ。どんだけ一緒に飲んでどんだけ一緒に遊んだか分からん。前身のきのことりっぷ時代から楽曲のキャッチーさと少し狂ってる感がたまらんのです。こういうときの使命感強い、でも相も変わらず盛大にチョケてくれる彼らにトップバッターをお任せ。

THE MYHALLEYⅡ : 大学時代の先輩同級生のバンドで、僕が働いている期間に解散したバンド。鈴江さんのカリスマ性に惹かれてたしバンドも大好きだったので、無理矢理ブッキング組んだのがきっかけになり復活!!(だと思ってます) 最高にクレイジーなステージお願いしゃす!!

えんま(mock heroic) : えんまの歌は最初に聴いたときからずっと虜で。人間としてもハッキリした物言いするし、オモロい奴やなとは思うけど。mock heroicは僕の「こんなバンドをやりたかった!」を体現しているのです。必ず前に進む意志を持った歌をこの日も聴かせてくれるはず。

the seadays : 彼らに対しては友達というよりは仲間という感覚が強いかなと思います。メッチャ演奏上手いけど何も響いて来ないバンドもいる。the seadaysのライブクオリティやパフォーマンスは日によって違うけど、必ず何かグッと来る形容出来ないくらいアツいモノが残るのです。

ゆ~すほすてる : なんでこうもキャッチーなのか。曲が短いって最高だなと江川の曲を聴いて思います。ずっと前に話したときには、短いつもりはなくてこれ以上作れないって言ってて。それも凄く好き。でも海をまっているは名曲すぎてやばい。バンドとして固まり生き生きしててそれもヤバイ。

モケーレムベンベ : 計り知れないくらいの無限大の愛に溢れているバンドだなぁと思います。一見やばそうに見えて(ヤバい部分もあるかもしれませんが)、純粋さが突き抜けてくるんですよね。そんなライブだから皆自然と大合唱してしまうんです。

ANABANTFULLS : 一気に仲良くなったバンド。4人共個性的やけどエエ奴すぎるねんな。Voのヤスは少年漫画から抜け出してきたように真っすぐでキラキラした目をしてる。馬鹿みたいに!って言葉がメチャ似合うのよ。とにかく、下手な形容は要らない大好きな奴らです。

永尾蕗子 : ふっきーさん。身近に居る人の中で一番物の怪感が強い人です。黒い部分が見えるなぁ〜と思ってたら一瞬で発光するような。そんな両極端に振り切ったライブはホンマに圧巻。この日もゾクッとするんやろなぁ〜。あと同じビール好きとして何杯飲むかは勝負ですね。

mama fu-fuh : 自分の内面や感情を歌うケイの作る歌も勿論好きだけど、俺は歌い様がとても好きなのです。どこか遠くの景色から、それでいて温度を感じさせてくれるんですよね。願わくば彼らの船の行き先を近くで見ていたい。心からそう思える大切なバンドです。

百長 : 旧知の仲かのように一瞬で友達になった百長。酔っぱらってゲスい話もして、あんな事やこんな事を知ってる間柄。だからこそライブの感情や色気も伝わるんよな。生まれた時代を間違えたと言われるみたいだけど、この時代に居てくれた嬉しさは凄いよ

橙々 : 働いた期間変化を見続けてきたバンドです。ゆーまと最初話したタイミングは覚えてないけど、いつの間にか完全なツレ。信じた歌を追いかけて掴もうとしているのを側で見てて、そら感情も入りますやん。エエ歌ってだけじゃない、ライブ至上主義ですから。

ザ・ラヂオカセッツ : nanoに働く前の事、一瞬流れた曲と映像がずっと焼き付いてて繰り返し聴いていた。そのバンドに最後の日に出て貰える嬉しさです。そういえばアレがキッカケだったなぁと思い出す中に流れる音楽。ラヂカセは僕にとって存在に繋がる一つの要素です。

わたなべよしくに : 今この場所に居れる事。色んな友達が出来ている事。もっと言えば生きている事。全てを包んで昔を思い出させてくれるんです。無償の愛がすぎる。まぁ勿論聴き手次第ではあるんですが、8月の初めによしくにさんの歌を聴ける僕は贅沢だなと思います

Gue : nanoで久々に再会した日から今日まで。なんなら生まれてから今日まで。僕にとって、ここまで繋がっている奴は居ないです。最初見た時とは全員メンバーが違うけど、今が最強です。間違い無く。本当の素直さを、直也が歌うからこそ意味がある純粋な歌を。最後に聴きたいのです



以上14組に出て貰います
nanoで働いたからこそ、作れる最後の最高の一日です
出てくれるミュージシャン以外にも出会えた仲間も尊敬する人も沢山沢山います
拳を突き上げて歌ってたり、知らん間に泣いてたり、酔っぱらって喧嘩してるのを止めたり、最高の瞬間が沢山ありました。ありすぎますホンマに。

こんなにも直接的で、遠慮が無く突き刺さってくるカッコイイ場所で働けた事が自分の財産になります。アウトプットはこれからしっかり魅せていくつもりですんで!
言葉で上手くまとめられないですが、本当にnanoにいる時間、僕に関わって下さった皆さんに感謝です
nanoのステージサイドからライブを見守る事はもう無いのですが、この日フロアで感情に任せて思うままにぶち上がり踊り狂うので乾杯しに来て下さい。

(ミノウラ)
・・・・・・・・・・・・・・・
テキストを綴るのが大の苦手なミノウラが、まあたくさん書いたねー笑
「人と場所」が大好きなあいつらしいとても素敵なメンツになってます。しかも全員あいつの「ツレ」って言っても過言じゃない。もちろん先輩もいるけれど、その先輩からとっても「ツレみたいな後輩」って感じじゃないんかな。
これは学生時代の頃からずっとそうなんだけど、「おもろいヤツの周りにはおもろいツレがいる」ってあるよね(色んな意味でね)。このラインナップを観てて、ミノウラは「おもろいヤツ」として成長してきたんだなあ、と思いました。
爆笑しあったことも、ぶちぎれたことも、かっこ悪いとこをみせてしまったこともありましたが、nanoの歴史に確実に刻まれた「ミノウラ期」はこの日で幕を下ろします。
奴には「この日仕事したら殺す」って言ってあるんで、思い切り一緒に遊んでやってくださいな。
(モグラ)

[open] 12:30 / [start] 13:00  [adv] \2000(w.2d) / [door] \2000(w.2d)

6(月)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

7(火)  ナノジャム(BAR営業+スタンダードジャズセッション)

[open] 20:00 / [start] 21:00  [adv] \1000w.2d / [door] \1000w.2d

8(水)  phonon 3rd mini Album『WADACHI』&鈴木実貴子ズ1st Single『平成が終わる』Wレコ発

鈴木実貴子ズ / phonon / MILKBAR

コメントを書きそびれてしまっていました…。
小豆島ボケです。本当にごめんなさい。これ、読むの楽しみにしてるんよってお客さんにも出演者にも言われるのに…。
しっかりします!

さて、こういう時は後日評を綴ります。
ミュージシャンというものは不安と常に隣り合わせ。
このままこれをいつまで続けていくんだろう、この戦いはいつまで続くんだろう、という自分の生活や人生と照らし合わせてのことや、シンプルに、録音したこの音源は話題に上るんだろうか、売れるんだろうか、とか。ステージ上でも、今のこの演奏はフロアに届いてるんだろうか、今日の演奏は果たしてベストなんだろうか、とか。
そのたくさんの悩みを打破しようとしたいわけです。そのために闘い続けなくちゃならない。メンバーやレーベルやレコード会社とのミーティング中にも、ライブをやっている最中でも。

でも、答えをいっちゃうと(憶測というか経験測ですが)、悩みはなくならない。何かが上手くいけばその次がある。レコーディングだってライブだってセールスだって。つまり悩みは打破できない。
そもそも悩んじゃったから、何かに不満があったり、憤りを感じたりして、音楽なんかやっちゃってる。
そもそもがそうなのに、その悩みを否定しちゃったら、自分に嘘をつくことになっちゃう。
「悩んでるのが自分」。悩んでるのも、怒ってるのも、悲しんでるのも、調子のいい時も悪い時も、喜んでる時も、悲しんでる時も、「全部自分」。

ミュージシャンの皆さん、悩みがなくならないと悩むのをやめなさい。僕らみたいな生き方を選んでしまった人は悩んでなんぼ。悩みのない人生なんてつまんないよ?

全部おれ芸、全部あたし芸。これこそアーティストにとっての究極奥義だと思うんです。

活動休止するのも自分、このまま続くのも自分。
それだけ。それだけのこと。

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \2000 / [door] \2300

9(木)  ホールレンタル

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

10(金)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

11(土)  Sono Sheet 3rdEP「秒速340メートルの青」リリース記念『夏なんて』

SonoSheet / either / Someday's Gone / THE FULL TEEZ / THE VAN

栃木県は宇都宮のパワーポップ、ポップパンクを真っすぐな感情とともにかき鳴らしてくれるバンドSonoSheet。
そのレコ発を関西のみんなの妹「はづきちゃん」がオーガナイズ。彼女のインディーロック好きっぷりから成しえたラインナップに請うご期待。

さて。
夏にはどんな音楽を聴きますか?レゲエ?スカ?サーフロック?チューブ?サザン?湘南乃風?
僕はわりとどれも好きですが(すみません、湘南乃風はよくわかんない)、僕が聴くのはずばり「ブリッジミュート」の似合う音楽。あ、でもメタルはちょっと違うかな?メタルは全天候型スペクタクルなんで。(メタルは大好きです)
所謂メロコア、西海岸エモとかになるのかな?
これなんでだろうなあ。自分の夏の思い出とリンクしてるせいなのかなって思っても、自分の夏にあまりそういう過去はないし。でも、めちゃくちゃ美メロをめちゃくちゃタイトで疾走感のある音楽で聴かせてもらうと、夏に上がるテンションとリンクしまくって爆上がりするのはホント。その爆上がりするテンションを焦らして焦らしてさらに期待を膨らませてくれるのがAメロのブリッジミュートなんだよなあ。

と、そんな話をしたくなるSonoSheetの音楽。新譜のタイトル「秒速340メートルの青」とはまさに、突き抜けるように青い夏の空のこと。その突き抜けるスピードは音速と同じ。だって僕らみたいな人間はそのスピードを音楽に煽られるから。

夏に似合う、最高のブリッジミュートを君に。
(ロマンチック病でました。持病です。誇ってます。親父譲りです。しゃーない。)

[open] 17:30 / [start] 18:00  [adv] \2000 / [door] \2500

12(日)  盆休み

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

13(月)  素敵艦隊presents『ママのグーパンデイズ第2節』

mama fu-fuh / Gue / the seadays
フード:すずみん食堂

5月にgrowlyで開催されたパーティーを再びnanoでやっちゃいます!!
そもそもTHIS IS nano!な3マンやのに、なんでgrowlyでやってんねん!ってなってたわけですが、まあそこには主催者の思惑もあるわけで、まいっかってなってたんです。
でも!それぞれの曲をそれぞれがカバーするってのを観るのをどうしても諦めることができずに、アンザイ(growly店長)にちゃんと筋を通してnanoでもやらせてもらうことにしました!
ブッキングマネージャーってのはな!自分の観たいステージを自分のハコに持ってくる!ここから全部始まるんだよ!
めっちゃプリミティブな行動です!余計なこと考えない!それが俺たちの!強み!

ってことで、この3バンド。
共通するのは自分たちの鳴らしたい音楽に素直に向き合って鳴らすべき演奏でステージに立つという姿勢。
それにそれぞれが共鳴し合って、今回の企画に至ってるんだろうね。
どれもこれも1週間前にはnanoに出演してたやつらだけど、共演が身内だからこそ見せる意地っ張り加減が見えるはず!ロックバンドのライブってのは切った張ったのもんです!本気でやり合って寝転がって「おめーつえーじゃん…」、これが基本!

というわけで、とても楽し気に音楽でぶん殴り合うこいつらの最強の遊び方、観来てやってください!!

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \1500 / [door] \

14(火)  GONDABAND REBIRTH TOUR 2018

GONDABAND[Ba.山知典 Dr.山田ススム] / SAURUS / ハマモトケンジ

元プロペラのギター権田さんが現在のソロ名義GONDAのバンドセットで登場です!
ドラムの山さんからお話を頂き、今の権田さんがどういう音楽をされているかよく知らなかったんだけど、聴いてみて驚くほど好みのロック!とにかくギターの音がかっこいい。僕が大好きな90'sのUKを匂わせるファズ具合にぐっときまくっての出演決定です!ちなみにオフィシャルサイトに記されてる「琴線に触れたアーティスト」の欄には、先述の類のオアシスやレディヘ、プライマルの他にもハイエイタスカイヨーテを始め僕も大好きなアーティストの名前がたくさん!これはますます権田さんのプレイが気になります!45分の長尺で炸裂させてほしいっす!!

今回久々にツアーに出ようかという話になり、サポートメンバーの山さんがtalk to me時代に来てたnanoを強く推してくれたみたい!山さんは過去にツイッターの質問箱で「過去に最も印象に残ったライブハウス」の一つとして「その愛と熱の大きさ故にnanoだな」みたいなことを言ってくれていて、そんな山さんのドラムを久々に聴けるのもすげえ楽しみっす!
(ベースの方は初見すぎて何の情報もありません…ごめんなさい…)

そんなGONDABANDに京都若手90'sフリーク代表としてSAURUS、熱量代表を虎視眈々と狙うハマモトケンジがぶつかります!キャリアに負けない愛と熱量、みせみろや!!

いい盆だなあ!!

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \2000 / [door] \2500

15(水)  Superfriends presents "LATE GREATS" 京都編

LIVE : Superfriends / my letter
DJ: Junichi Yokochi(mogran'BAR)

※特典カセット付

わーい!!やった!!Superfriendsの夏の2マン開催です!
2年くらいかけて作ってたアルバムのレコーディングがようやく終了し、そのリリースに向けてついに動きだしたSuperfriends、一足早くそのアルバムを聴かせてもらっているけど、もう名盤でしかありません!
キーマンであるGt.Vo.塩原とDr.前田さんが群馬にいってからも定期的にnanoには出演してくれていた(させてた?笑)彼らがこういうタイミングで彼ら発信でパーティを作ってくれることがとても嬉しいです!

アメリカの様々な音楽から影響を受けている塩原らしいソングライティングはUS独特のアシッドなフォークあり、パワーポップあり、カントリーあり、と多岐に渡り、結果世代を超えて愛してくれるフォロワーがたくさん。
DJもバンドマンもシンガソングライターもフロアのお客さんも、皆が大好きSuperfriends。
もちろん今回の共演者my letterも彼らのことが大好き。nanoで一緒にやるのは何年ぶりかなあ…。
DJの横地はこの日のためにweezer MEGA MIXを用意してるとか!

とにかく!今年の夏もSuperfriendsがnanoに帰ってきます!

[open] 19:00 / [start] 19:30  [adv] \2800 / [door] \

16(木)  モグラとこっけのGIRAGIRA OF NATSU

LIVE:こっけ / 秋村充(ハートたち)
転換BGMセレクター:たなかけんすけ

モグラとこっけの四半期に一回の季節シリーズ第3弾。
今後は11月に「YONAGA of AKI」、おそらく1月、3月、とずっと続いていきます!多分!僕とこっけが喧嘩しない限り!
少なくともこっけが人気者になって、この季節シリーズの年間通し券がソールドするまでやります!生きてるうちに叶わなければ誰かに権利を譲ります!こっけが死んだら、えーと、それでおしまい!!笑

さて。
こっけ。いいんだよなあ、こっけ。何もない。普通のいい奴。
でもそれをそのまま歌に出してくれる。歌が好き。それだけ。
それでいい。みんなもそれでいいよ。
音楽が好きで、皆に聴いてほしいから聴いてもらうためにかっこいい音楽を作ってくる。それだけ。余計なことなんて何も考えない。
真っすぐ?いや、こじらせてる。正直?いや、つかなけりゃならない嘘だってついたことあんだろ。
それも全部「俺こんなんでさ」ってゆっくり喋ってくれる。そんなライブ。

こっけが唄ってるのを見てると。こっけと飲んでるような気持ちになってくるんだよな。
そんな奴いないよ、他に。

[open] 19:00 / [start] 19:30  [adv] \2000 / [door] \2500

17(金)  paionia「白書」Release Tour -白状小旅行-【京都編】

paionia / しんきろうのまち / メシアと人人 / スーパーノア

[open] 18:00 / [start] 18:30  [adv] \2500 / [door] \3000

18(土)  真夏のロックンロール夜話

LIVE:The Emmanuelle Sunflower / 三浦雅也(夜のストレンジャーズ) / レッドアース / メロンソーダpop
DJ:西島衛(ザ・シックスブリッツ/cafe&bar大丈夫)

[open] 17:30 / [start] 17:30  [adv] \2500 / [door] \3000

19(日)  藤山拓×トゥッティ~ふじふじトゥッティナイト~

藤山拓 / アフターアワーズ / 橙々 / ラヴミーズ

[open] 18:00 / [start] 18:30  [adv] \2000 / [door] \2000

20(月)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

21(火)  ナノジャム(BAR営業+スタンダード・ジャズセッション)

[open] 20:00 / [start] 21:00  [adv] \1000w.2d / [door] \1000w.2d

22(水)  京音‐KYOTO‐vol.10 *チケット予約はhttp://www.ky-o-to.com/ticket.htmlへ

吉田省念 / ベランダ / ネコグルマ / IKIMONO

こちらの公演のチケット予約は、当サイトにて受け付けておりません。
http://www.ky-o-to.com/ticket.html
よりお申し込みください。

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \FREE(要1drinlk¥500) / [door] \FREE(要1drinlk¥500)

23(木)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

24(金)  ナノボロフェスタ仕込み

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

25(土)  ナノボロフェスタ2018

http://borofesta.jp/nanoboro/

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

26(日)  ナノボロフェスタ2018

http://borofesta.jp/nanoboro/

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

27(月)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

28(火)  UlulU「話をしようよ」リリースツアー

UlulU / くつした / いちやなぎ /

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \1500 / [door] \1800

29(水)  新入社員ますだみき aka ミキティとモグラのBAR営業

バーテンダー:ミキティ
就職お祝いシンガー:梶本ヒロシ / ハマモトケンジ / 小川洋平 / and more(どんどん増やしたい!まだまだ募集中)
ミキティのnanoレギュラースタッフ就任をお祝いしたいシンガーの皆さん、お待ちしています。

新入社員のミキティに無茶ぶりしようぜシリーズ第2弾。

[open] 19:00 / [start]   [adv] \FREE / [door] \FREE

30(木)  「MOROHA BEST~十年再録~」単独ツアー *現在予約不可

チケットのプレイガイド販売、店頭販売はどちらも終了。
n
こちらのサイトでの予約は受け付けておりません。

[open] 18:30 / [start] 19:30  [adv] \3300 / [door] \

31(金)  ダイバーキリン企画「きせつのかわりめ 夏 夕立」

ダイバーキリン / WIRED / パラメヒコ

[open] 18:00 / [start] 18:30  [adv] \2000 / [door] \2000