スケジュール

   2019/12 < 2020/01 < 2020/02 < 2020/03 < 2020/04

いずれの日もチャージとは別にドリンク代¥500頂戴いたします。

どのパーティもお薦めですので 興味をおもちであればぜひ遊びに来てください!

ご予約は チケット予約フォーム にて常に受け付けております。

1(日)  『ザ・リラクシンズTOUR2019-2020「MORNING CALL TOUR」京都編』

ザ・リラクシンズ / ギャーギャーズ / メシアと人人 / The Stone That Burns / はいからはくち / THE MYHALLEY Ⅱ / 錯乱前戦

ロックンロールパーティーを12月の初日に開催!
西宮発、荒々しい雑味もありロマンチックな歌もありでも確実に踊れるタイプのダンスミュージックを奏でてくれるザ・リラクシンズのレコ発ツアーの初日をオーガナイズさせてもらいました!
「新しいアルバムをリリースするので、レコ発初日をnanoで迎えたい」
ふんふん。これは嬉しい話やん。企画やってくれのかな?
「ブッキングなんですが、企画を全てモグラさんにお任せして組んで欲しいんです」
うそ。何この全投げ笑 え?そんなに信頼してくれてるの?モグラ嬉しい。でもこれ、調子乗せられて手の上で踊らされてない?畜生、ダンスミュージックを奏でやがって憎い奴らめ…とか思ったかどうは僕もさだかじゃないですが、勢いのあるわけーかっこいいバンドのために腕まくりして頑張っちゃいました!笑

ザ・リラクシンズ。初めてnanoに出た時は、とにかく派手なライブをしなきゃ爪痕なんか残せねーすよ!とばかりに暴れ回ってた奴ら。それはそれで微笑ましいし間違ってはないんだけど、ジャンプするのはいいけど飛んだ瞬間は音が止まるひどい為体。その日の僕からのアドバイスは「暴れたければ体幹を鍛えろ」でした笑
そんな彼らも自分たちの好きな音楽と自分たちの奏でる音楽にしっかり向き合ってきたのか、いつしかしっかり彼らの生き様を描けているような彩りのあるステージを見せてくれるようになりました。
そのステージを最後の出番に控えたこのパーティー、僕が組むからには優しくはないよ?ザ・リラクシンズがプレッシャーに負けて逃げ出したくなるようなメンツもタイムテーブルで迎えます。
ハユル、オリバー、トモスエ、今回初のギターくん、間違っても気合入れすぎて脱力のでかい音を忘れちゃいけないよ?見事にこのハードルを悠々飛び越えて最高の景色を見せてくれよなっ!
よろしく!

[open] 13:30 / [start] 14:00  [adv] \2000 / [door] \2500

2(月)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

3(火)  『ようこそここへ 噂のロックンロール』

モルグモルマルモ / パキラ / 野良猫ガッツ / Fancrab

東京のパキラが久々にnanoにやってくるということで、その音楽に沿ったロックローロールパーティーを組みました。
パキラの音楽は都市型オーガニックというか、海の近くで生活する人間にしか山の中で生活する人間にしか書けない曲というものがあるならば、都会の中でしかかけない曲もまたあり、パキラはそんな匂いのする曲を唄ってくれている気がします。
それをオールドスクールなアレンジメントで人間のキャラでもって彩るステージにはとても魅力があります。
地元勢には、モルグモルマルモの好きな音楽を散りばめたおもちゃ箱のような、野良猫ガッツの女子目線の等身大の生活のブルースを組み込んだ、Fancrabの屈託なく自分のロックスターへの憧れを綴るような、それぞれのロックンロールナンバーを唄ってもらう予定です。

アウトプットはそれぞれ違い多種多様の異種格闘技戦に見えて実は芯と芯が凌ぎを削り合うような、nanoでよくあるロックパーティーが今夜も開催。
ぜひご来場を。名前を見たことはあるかもしれないバンドがとても素敵なライブをリアルに体験させてくれます。

ようこそここへ。噂のロックンロール。

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \1500 / [door] \1800

4(水)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

5(木)  『ディス・チャーミング・マン』

hohtaa / kusohachi / DoReMi / The Libles

もうすぐ今年も終わりますが、年の瀬になると今年はどんな新しい出会いがあったかなぁなんて思いを馳せます。印象的な出会いはありがたいことに今年もたくさんあったのですが、そのうちの一つは立命館大学のロックコミューン3バンドとの出会いかな。この時点で3つの出会いというお得加減ではあるけれど笑

DoReMi、nikibikids、pontの3バンドがその3つ。鳴らす音楽は三者三様だけど、メンバーが被ってる、いや被り倒してる笑 というのも彼・彼女らの代は入部者数がとても少なく自ずとそうなってしまったのだそうだ。そんな状況で考えていることは「自分たちがかっこいいバンドをやっていれば必ず後輩がたくさん入ってくるはず」というもの。3バンドとも見るたびに成長するし、おかげで新入生も増え、この日は後輩でイキのいいやついるんですって紹介してもらったバンドも出演。少しずつ大人になっていく奴らを目の当たりにするとなんだか泣けます笑

今回出演するのはDoReMi。と噂のイキのいい後輩The Libles。8〜90年代UKUSインディーありきで洋楽思考強めの10年代ポップミュージックを奏でてくれます。それに応えるための、時代に反応しながら自分の音楽を演奏するために地に足の付け方を選び続けてる東海林率いるkusohachi、逆に時代性なんて関係なく真っ直ぐにジザメリなw神戸のhohtaaで迎えます。

タイトルはDoReMiがモリッシー好きすぎることから、the smithの曲のタイトルから。全体的にスタイルがキュートな連中が揃ったと思うのでこれかなと思って選びました。

遊びにきてくださいね!

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \1500 / [door] \1800

6(金)  虎の子ラミー3rd mini Album「激動するヒューマニズム」リリース記念『ヒューマニズムパッションツアー』

虎の子ラミー / ロマンス&バカンス / アラウンドザ天竺 / スキッツォイドマン / プピリットパロ

チケットはe+にて発売中

東京のド派手な3人組女子、虎の子ラミーのツアー京都編が今回はnanoで開催。前回アシュラシンドローム のツアーにくっ付いて来た以来。その後の今回のツアーの会場に選んでもらえたことはとても嬉しいっす。ありがとね!

唄っている内容は、素直すぎるというか思っていること脳みそから直接アウトプットしてるというか、中身があるのかないのか(僕が出会ったばかりなせいでまだ想像が行き届いていないだけだと思う)なモンだけど、その演奏がパキっとタイトな爆音で、そのキャラに妙に説得力あるんだよな!そういう魅力があるからこそ前回アシュラも連れて来てくれたんだと思うけど、ナガ(アシュラギター)曰く、「天然でやってるのはいいけど、きっと持ってるだろう彼女たちの毒の部分が出てくるともっと良くなりますよ」との評価。その毒の部分、ふんだんに今回は見せてほしいな!

共演は大阪の故人(彼らの持ち前のネタ)率いるスキッツォイドマン以外は初出演。スキッツォイドマンも圧巻のエンタメだし、それ以外の初めまして勢もとても楽しみ。

送られてきた虎の子ラミーの新アー写がバキバキのラメ施したすげー派手なもので思わずめっちゃ派手で最高!と送ったら「いつだって派手です!」と鼻息荒く返してきた彼女たちのツアーで企画。
これはかなり華やかなフライデーナイトになる予感!
お楽しみに!

[open] 18:00 / [start] 18:30  [adv] \2500 / [door] \3000

7(土)  mogran'BAR feat.Good Bye ShuuuuHey!!忘年会

DJ:mogran'BAR crew

モグランバーの今年最後のレギュラー回。
モグランバーとは、nanoのマンスリー開催のレギュラーDJメインのパーティー、チャージフリーで遊びに来れるロック、ディスコ、ハウス、レゲエ、ヒップホップ、JpopまでオールミックスにレジデントDJたちの趣向に合わせて最高のプレイでお送りするフロアで飲みながら踊る楽しすぎるパーティーなんです。そろそろ380回目くらいの開催かなぁ?笑 なんせnanoオープン当初から続いているので。

今回の見どころはタイトルにあるように、当初からスタッフそしてレジデントを務めてくれていた木村周平のラスト回。彼にも身の振り方や諸々考えることがあるようで「年内で抜けます」と16年の歴史に彼自身がピリオドを打つことを告げてくれました。じゃあやるしかねーだろ、feat周平忘年会!最初は彼に馴染みの深いDJをゲストで、とかも思ったけどブッキングが難航する中で、いやちょっと待てせっかくの周平ラストならいつものメンツだけでワイワイやる方がええやんけー!!となりレジデントのみでの回になりました!季節柄忘年会も兼ねて鍋もやっちゃえ!!というノリでございます!

女の子とばっか喋ってるナンパ野郎かもしれんし、掴み所のない男に思われてるかもしれんけど、その実とても人に気を遣ってくれる思いやりのある優しい男、木村周平。長年の付き合いのある男が今後毎回のモグランバーで顔を合わせられないのはとても寂しいけど、その分思い切り大騒ぎして彼を送り出したいと思います!周平のこと知ってるやつは過去の常連さんも含めて全員集合でお願いします!!!

あ、あと、nanoのCDJとミキサーを新規購入しました。こちらの音もお楽しみに!

[open] 18:00 / [start] 18:00  [adv] \FREE / [door] \

8(日)  『Mary See the Future《musickness》New Album & Japan Tour』

Mary See the Future

台湾のインディーロックバンド、Mary See The Futureの来日公演京都編がnanoで開催!なんとワンマンです!
彼らは台湾で最大規模を誇る音楽賞、“金曲奬(Golden Melody Awards)”にノミネートされた実績も持つ4人組バンド。
今年発売されたアルバム「musickness」のリリースツアーとしてやってきてくれます。
musicとsicknessをかけた今アルバムのタイトル、これから想像できる通りの人間の感情の儚さと繊細さをとても美しくパッケージングされた秀逸の作品かと僕は思います!

昨今のアジアンインディーミュージックの盛り上がりは無視することは絶対に出来ず、台湾勢なら落日飛車のフジロックでのステージは圧巻だったし、DSPSの美メロ具合も先日たまたま音源を聴いていて痺れまくりました。韓国にも中国にもたくさんかっこいいバンドがいて、どんどん日本でもリリース、ツアーにやってきて日本のミュージックラバーの心を打ち抜いています。ボロフェスタでもそのことに関するトークイベントをシャム菅原と岡村詩野さんにやってもらったくらいだし。nanoで言えば7月にやってきたchinese footballも最高だったよなぁ…。

そもそもインディーと呼ばれる音楽が大好きな僕にとっては国境を超えてそれを演奏しにきてくれるのはとても嬉しいことで、日本もアジアの一国にしか過ぎない感覚に良い意味でドキドキします!ノーボーダーで音楽を楽しみる空間、素晴らしいじゃないですか!
しかもかなりの実力派なMSTFのライブはすげーステージを目の当たりにできそうな予感しかありません!けっこう独特の間によるややこしいキメとかあるんだよな!

いやはや楽しみです!

[open] 17:30 / [start] 18:00  [adv] \3000 / [door] \3500

9(月)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

10(火)  『Whole Lotta Love』

mama fu-fuh / スーパーアイラブユー / 道見舞美 / 篠原凛太郎 / Mad Sea Jr.

[open] 18:00 / [start] 18:30  [adv] \1500 / [door] \1800

11(水)  『イッツファンタイム!MASAKO BIRTHDAY BASH』

DJ:John / 832boy(THE FULL TEENZ) / ナツコ(メシアと人人) / うみざる(ネオンズ) / モグラ(nano)

[open] 19:00 / [start] 19:00  [adv] \1000w.2d / [door] \

12(木)  The L.B.presents『MAN-KiN vol.2』

The L.B. / Marie Louise / The Over Sensation / The HOPKINS

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \2000 / [door] \2500

13(金)  『SATOL aka BeatLive - SHINOU ep - release tour 2019』

SATOL aka BeatLive / YYBY / C / フライデーフラワーズ

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \2000 / [door] \2500

14(土)  Gue One Man Show『遥かなる旅に出かけよう』

Gue

[open] 18:00 / [start] 19:00  [adv] \2300 / [door] \2800

15(日)  濱本健児 自主企画『Hotsand』

濱本健児 / 村島洋一 / 小野雄大

[open] 17:30 / [start] 18:00  [adv] \2500 / [door] \

16(月)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

17(火)  『ナノジャム』(BAR営業+スタンダードジャズセッション)

[open] 20:00 / [start] 20:00  [adv] \1000w.2d / [door] \

18(水)  『メロディの毛布にくるまって』

梶本ヒロシ / 尾上大河 / 藤山拓 / 渡辺りょう(the seadays) / ふるかわののこ

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \1500 / [door] \1800

19(木)  『宵待つ人並みに吹き抜け吠える風の音』

ナイトサファリ / 知らないひと / そして西入ル

[open] 19:00 / [start] 19:30  [adv] \1500 / [door] \1800

20(金)  Pale Fruit presents 『Hang On』

Pale Fruit / メシアと人人 / Set Free / いちやなぎ / ゆ〜すほすてる

[open] 18:00 / [start] 18:30  [adv] \2000 / [door] \2500

21(土)  ANABANTFULLS ONEMAN LIVE 『お前の穴』2019

ANABANTFULLS

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \3000 / [door] \3500

22(日)  『振り返るなオンユアマインド』

KONCOS / manchester school≡ / 台風クラブ / バレーボウイズ / THE FULL TEENZ / ねじ梅タッシと思い出ナンセンス / 突然少年 / ラスト・チャンス(And Summer Club ×メシアと人人)

チケットは10月19日午前10:00よりe+にて販売開始

[open] 13:30 / [start] 14:00  [adv] \2500 / [door] \

23(月)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

24(火)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

25(水)  『戦場のメリークリスマス-唇噛み締めて口の中血の味するやつ-』

鈴木実貴子ズ / イヌガヨ / みずすまし / 犬人間ニョンズ / hananashi

[open] 17:30 / [start] 18:00  [adv] \2000 / [door] \2500

26(木)  年末大掃除

参加者募集中!
昼前に始めて、18時には終了、終わった頃にまーこおばちゃんが登場し「ぴかぴかやーん!」と喜んで焼肉をご馳走してくれるのがnanoの年末です。

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

27(金)  Superfriends presents『Winter shy』

Superfriends / ステレオガール / SEAPOOL

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \2500 / [door] \3000

28(土)  SIRMOSTAD presents [fete]

SIRMO STAD / the sankhwa
Lighting by annie(N'djamenan;jamena)

この一年の出会い別れ、生き抜き得た歓び、怒り。
あらゆる感情、風景を持ち寄り祝い合う。
そんな日になればとこの名をつけました。
ゲストアクトにはthe sankhwaを。
今年出会った中で真っ先に浮かんだのが彼らでした。
その多幸感溢れるステージに加え、さらにアニーのランプシェードの彩りを。
小さな村の晩餐会のような暖かな揺らぎと喝采に包まれる夜。
まぁエモめの忘年会です。

SIRMO STAD アベフミヒコ

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \2000 / [door] \2500

29(日)  サンチェpresents『打ち上げ2019』

e;in / キネマズ / Schiff

[open] 18:00 / [start] 18:30  [adv] \1800 / [door] \2000

30(月)  『Noise and milk再結成 -One Night Only-』

Noise and milk / Vannila.6 / ULTRA CUB / and more 1artist

[open] TBA / [start] TBA  [adv] \2000 / [door] \2500

31(火)  年末恒例!MOGRAN COUNTDOWN!!

[open] 17:00~25:00 / [start]   [adv] \FREE / [door] \