スケジュール

   2018 / 05 < 2018 / 6 < 2018 / 7

いずれの日もチャージとは別にドリンク代¥500頂戴いたします。

どのパーティもお薦めですので 興味をおもちであればぜひ遊びに来てください!

ご予約は チケット予約フォーム にて常に受け付けております。

1(火)  ナノジャム(BAR営業+スタンダードジャズセッション)

[open] 20:00 / [start] 21:00  [adv] \1000w.2d / [door] \1000w.2d

2(水)  Who the Bitch Live Unlimited Tour 2018

Who the Bitch / JinnyOops!/ ザ・サイレンズ / AnSept.

ガールズロックバンド、Who the bitchのリリースツアー。
初めての登場なんすよ、Who the bitch。名前は聞いたことあったけど、まさかの初登場がリリースツアーとは。
結成は2005年、なんと結成13年目。めっちゃキャリアあるやん。メンバーの脱退を経てスタイルも変え、それでもバンドを続けリリースも続けてるバンドってだけで、もうかっこいいやん。音を聴いてみたら、ギターの音を始めとしてなかなかのアグレッシブさ。これぞロックバンド!という感じです。
こういうバンドにツアーの会場の一つに選んでもらえることはとても光栄です!
ども!初めまして!nanoの店長でPAで照明のモグラです!
でかい音出しながら、灯体の少ない照明でドラマ描きます!
押忍!

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \2500 / [door] \3000

3(木)  School In London KYOTO

Live:
I Saw You Yesterday / BROTHER SUN SISTER MOON / 世界的なバンド
DJ:村田タケル(MAP)/ 遠藤孝行(New Action! / Ajam)
ゲストDJ:ナカシマセイジ(Alffo Records)
Food:Dreaming Holiday

去年(だっけ?)京都に引っ越してきDJの村田タケルくんは、ほんとによく遊びに来てくれるパーティーピープル。
幾度となくnanoで遊んでくれてるタケルくんが、自分のパーティーをここで開催したい!って思ってくれたからこそやん?
タケル君の相方は、新宿ローリングストーンクルー、New Action!で数々のヴァイブスを生み出してきた遠藤。
この二人のパーティーオーガナイズがめっちゃ楽しみ。
ゲストライブに登場するのはnano初出演のバンドばかり!攻めてるねぇ!どれもかっこいいとの噂を聞きますよ!
ゲストDJには安定の実力派、ナカシマくん!彼のDJ、一昨年のボロフェスタのメトロで最高やった記憶もまだ新しい。
音楽マナーを大切にしてる姿、そのうえでどれだけ暴れ回れるか挑戦する姿が、ほんと最高!

さあ、4連休だ。最初の夜は、めちゃくちゃアッパーなパーティーが開催されますよ!
遊びましょ!!

[open] 17:00 / [start] 17:00  [adv] \2500w.1d / [door] \2800w.1d

4(金)  『little phrase "like a water flow" Release Party ~京都編~』

little phrase / オガサワラヒロユキ / 村島洋一 / ばけばけば― / 礒野聖矢

何年ぶりだ、little phrase。ここにきて新譜をリリースしてのツアーです。
付き合いは前身のバンドから数えると12年くらいかな。干支一回りしてるやん。長いことやってるやん笑

山口県のポストロックを中心に鳴らす美しいバンド。でも、いろいろギミックを効かせてそうで、結局シンプルなロックイズムでどかーん!ってやっちゃうエモショーナルなバンド。
その美しさや、エモーション、音楽愛に応えてのラインナップを用意しました!

nanoとlittle phraseは切っても切れない関係にあります。
すげーバカかもしれないし、過剰なロマンチシズムで脚色されてるかもしれないけど、little phraseがnanoでライブをすることには、大変に大切な意味があるのです。
詳しくはこちらを。
モグラブログ「土の眼」2010/5/5の投稿「どうやら本当に来てたと思いたい。」

今のnanoの友達を、little phraseに紹介したいのでぜひ遊びに来てね。この関係性を知ってる奴もおいでよね。
あと、お前も来いよ。光井。

[open] 17:30 / [start] 18:00  [adv] \2000 / [door] \2500

5(土)  ホールレンタル

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

6(日)  輝いている夜明け前は、もう夏だ

鈴木実貴子ズ / 突然少年 / わたなべよしくに / ギャーギャーズ

タイトルはブルーハーツの名盤「DUG OUT」の1曲目「手紙」の2サビの締めですね。
季節って大事にしたいじゃないですか。季節感とそれを感じられる風景って、音楽にとってとても大切だと思うんですよね。
出演者の音楽性に季節感がめちゃくちゃフィーチャーされてるかっていうと、そういうところもあればそうじゃないところもある、程度のものなんだけど、思わず季節の話をタイトルに付けたくなるほど、強い愛と感情を素晴らしい音楽で奏でてくれるミュージシャンの宴です。

どれもこれも、人間が美しく見える歌ばかり。こんなに素のままのステージなのに、だからこそ、めちゃくちゃ輝いてる。本当にみんなかっこいいよ。この夜は。
あ!ファイナルファンタジー5でジョブが「すっぴん」なのが結局一番強いって、もしかしてこういう話なのかな!ちがうか!

[open] 17:30 / [start] 18:00  [adv] \2000 / [door] \2500

7(月)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

8(火)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

9(水)  

橋村恭平 / 旧こいけ / ホシノコウスケ / 北川知早

弾き語りの魅力と言えば歌詞の「人」が見えやすい事。
と個人的には思っている

背伸びをしているのも、分不相応も、他の誰かの事も。
勿論、憧れや前向きな事や等身大な自分も。

とりわけ、「素直さ」が見えるライブが僕はグッときます
初出演の旧こいけも含めて、久々の橋村恭平、色んな場所を見て来た北川知早、しっかりとソロが落とし込めてきたホシノ。
それぞれアプローチは違えど、素直さを魅せてくれる4人。

グッと来るを越えてくるのも、素直さの感情を振り切った時だったりする
いやぁー楽しみ。

(ミノウラ)

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \1500 / [door] \1800

10(木)  山田亮一×あみ 弾き語り2マン
「ふたりエッヂ」*SOLD OUT *当日券若干枚数発行します

山田亮一 / あみ

おおおおお。ライブハウスを続けているといったい何が起こるかわからんね。この2人の弾き語りの2マンがnanoで開催される日が来るなんて。

ある日twitterのタイムラインの流れた衝撃的なニュース。
「うそ?『亮一とあみがバンドを組む』だって!?」
それにもかなり驚いたが、その直後に「もぐりん、あみと弾き語り2マンやらせてや」と亮一から連絡が。もちろん即決。

バズマザーズもゆれるも、音が大きいエッヂの効いたオルタナパンクサウンドだけど、そのインパクトよりも、僕はソングライター二人の言葉とメロディにたまらなく痺れる。二人とも見事なほどの詩人であり歌唄いである。
弾き語りというスタイルで放たれる二人の才能を、思い切り浴びたいと思います。

余談だけど、亮一とあみと言えばなエピソードが。
nano10周年のスペシャルパーティー@MUSEの際に、酔っぱらった亮一が「モグラにつけといて!」とカウンターで酒を頼みまくっていて、その横にいたあみも同じく僕へのつけで飲み続けてたらしく(もちろん僕はそれでも全く構わないんだけど)、そのことについて後日あみが電話で謝ってきたことがありました笑 いいやつ笑

本当、二人とも大好きなんです笑

[open] 19:00 / [start] 19:30  [adv] \3500 / [door] \3800

11(金)  感情のブースター

ハマモトケンジ / 石庭未来 / 三輪卓也

感情のブースターを持っているかい?
いつそれを踏む?嬉しい時?怒った時?悲しい時?涙は出る?拳を固める?両手を上げる?それとも、ただ静かに佇む?
それとも、歌を唄う?

弾き語り3人の出演で迎える週末。
弾き語りというスタイルは、バンドのそれに比べて静か、おとなしい、ゆったり観る・聴くもの、なんて思われる事がいまだにあるみたい。何考えてんだろうねえ。そんなこと思う人。
音楽を演奏するということには、何のごまかしもあってはならないというのが前提で、バンド形態よりも余程ひりついたのが弾き語り。なんの武装もしていない、裸一本やりの闘い。それが弾き語り。こっちの方がインパクトや音圧があることすらある。

つまり、感情のブースター、踏みっぱなしということです。

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \1500 / [door] \1800

12(土)  mogran'BAR

guest DJ:BOYS&GANG
DJ:mogran'BAR crew

5月のmogran'BARです。
ゲストDJにはBOYS&GANGというユニットが登場。
こちら、堺町本筋にあるカレー屋「Midnight sun」のマスター石井くんのDJ名義HOUSE OF BOYと、モグランレジデントのMAGICAL GANG a.k.a tomohによるB2Bなんです!しかも2時間のロングセット!めちゃくちゃファニーでめちゃくちゃ踊れる2時間になること必至ですね!
最近思うんだけど、モグランバーは本当に楽しい。飲みに来てみたらDJがめっちゃっかっこいい曲をめっちゃかっこよくプレイしてたし、フロアでは皆はしゃいでるし、皆いい調子で飲んでるし、しかもチャージフリーだし!あれ、これ最高じゃね!?って絶対なるので、遊びにおいで~~~~!!!

石井君さすがにカレーは出さんのかな。

[open] 18:00 / [start] 18:00  [adv] \FREE / [door] \FREE

13(日)  「カネコアヤノ TOUR2018 京都編」*SOLD OUT

カネコアヤノ(バンドセット)

シンガーソングライター?カネコアヤノのニューアルバム「祝祭」のリリース記念ワンマンです。
チケットはソールドアウト。素晴らしいね。
その新譜も素晴らしくって、バンドでのファニーなアレンジメントの上に、アヤノちゃん独特の「こじらせてるのかもしれないけど、結局真っすぐかもしれない乙女の純情」がさらに帯びた艶たっぷりに唄われていて。どんどんかっこいいミュージシャンになっていくなあ、と勝手に感慨深い。

そう。カネコアヤノちゃんの纏う空気感は、所謂「女の子が等身大の歌を唄う」とかいう安っぽいモノの範疇を超えている。彼女独特の歌いまわし故なのか、彼女の聴いてきた音楽のルーツ故なのか。
このコメントの冒頭部分「シンガーソングライター?」と「?」をつけたのは、なんだか彼女の存在を、一般的な言い回しで安っぽくいいたくなかったから。
だって稀代のロックンローラーかもしれないよ?

とにかく、久々のカネコアヤノ、めちゃくちゃ楽しみです。

[open] 18:00 / [start] 18:30  [adv] \3000 / [door] \3500

14(月)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

15(火)  heavenphetamine(ex.domestic trouble)tour 2018 early summer

heavenphetamine / FIFTH NEW HEAVY / browned butter / hrimnir

thattaのボーカル、ダッチが新バンド始めたとは本人から聞いてて、新作のMV出すたびにダッチが送ってくれていて、うお、相変わらずクールなことやってんな!って喜んでたんだけど、ついにnano登場!って思ったらボーカルの女の子が抜けちゃって、急遽新体制でバンド名も変えてのライブです。東京から1組連れてきてくれます。

thattaの頃からのバッキバキの洋楽志向、キャリアを積んでいくにつれ、そのアウトプットからロック感は消えていったものの、マインドの熱さは音に漏れてる。
音と、演奏と、ステージでの振る舞いは本当にかっこいいしな、昔から。

そんな音楽人、ダッチがやってくるんだ。最近のnanoはこんなバンドでてるんよ!と組んだ関西2組。どちらも音楽への愛や、演奏する楽曲へのマナーを携えているバンドです!

週の頭からパーティを始めようぜ!

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \2000 / [door] \2500

16(水)  

イトカムトビコ / ダイバーキリン / 西洋彦

ダイバーキリンは結構久しぶりの出演ですね
淡路で店もやり始めたりと環境が変わっている中で、やっぱり彼らの音楽は定期的に見たくなるんです。
伝える事は一つ。シンプルにデカい音で宜しく!
なんとなくnanoで見る時はいよっしゃ!来た来た!こっからやで〜って時にピークは突けない事が多い
本人達は勿論それを越えたいんだろうけど。 やってくれい!

イトカムトビコは初出演。Gtの欣也はYOOKsのサポートで出てたけど、バンドとしてみれるのは本当に楽しみ
個人的に別の場所で見た時はこれからだなぁという印象だったものの、歌は良いのが間違い無い
なので、nanoのステージでどこまで出来るのか。メッチャの楽しみでございます

そのバンド2組をバッサリ、しれっと斬り落としてくれるのが西洋彦です。
本人の風貌からそんな姿は想像出来ないかもしれませんが、沸々としてるんです

さー。やりあって貰いましょう
遠慮無く。

(ミノウラ)

[open] 19:00 / [start] 19:30  [adv] \1500 / [door] \1800

17(木)  

第4回 アナログゲームBAR 〜とにかくやってみようぜ編〜

はい。
大好評頂いておりますアナログゲームBAR営業
今回も勿論たくさんのゲームを用意し、お酒を飲みつつワイワイしましょう

初心者こそ大歓迎。
やってみるとどんどんハマってしまいます

『NEW』ウボンゴ、ラブレター、コンセプト  仕入れました 笑

前までやってた Dixit 、algo、狂気山脈、人狼、なんじゃもんじゃ 等も勿論取り揃えてます
今流行ってるアナログゲーム。ちょっと飛び込んでみては?

※要1drink
※FOOD持ち込み自由!!!!

[open] 19:30 / [start] 19:30  [adv] \FREE / [door] \FREE

18(金)  職業うたうたい

phonon / 橙々 / work from tomorrow / KITANOREM

ちょっと久々、名古屋のphononのツアーです。
よくあるエモめなギターロックのバンドといえばそれまでなんだけど、phononにはphononにしかできない演奏があるんよな。おそらく、vo今泉のシュっとしてそうで、その実わがままで頑固なところであったり、悩まなくていいところまで悩んでしまっているのをそのまま歌に乗せてるからなんだろな。それをそのまま歌詞にするんじゃなくて、言葉もちゃんと選んで「うた」にする。結果美しい音楽のできあがり。


「うた」ってなんだ。
人間が唄うもの。だからこそ、その作品にはその人の人生・生活・感情が盛り込まれている。でもそれを伝えなくては!と力んでしまっては「うた」にならない。それは日記の読み聞かせ。音楽じゃない。
「うた」として成立させるための音楽的なフィジカルも備えて唄ってこそ、そこに含まれる「その人」というものは伝わるんです。
nanoに出てる「うたうたい」たちは、それをやってくれます。

ぐっとしか来ないフライデーナイト。お楽しみに。

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \1500 / [door] \1800

19(土)  アシュラシンドロームpresents
”俺売れツアー 〜全部京都のせいだ。〜”
*SOLD OUT

アシュラシンドローム / 虎の子ラミー / スキッツォイドマン / レッドアース

アシュラシンドロームのツアー京都編。見事にソールドアウト。
めっちゃ好きなんよ、このバンド。おもろいし、演奏も煽り方もうまいし、ホントに最高のライブをいつも見せてくれます。

元々ね、所謂おもろいことをステージでやるバンド、歌詞に中身があるのかどうかわかんないアーティストって好きじゃなかったのよ。随分前は。俺もある意味バカだったんで、「真面目のやれよ」なんか思っちゃってさ、ほんとバカ。かっこわりい。

でもさ、わらったもん負け。盛り上がっちゃたもん負け。
それに、ライブハウスのステージで楽器演奏するんだからってプライドもちゃんとあるし。アシュラのスカパンク、虎の子ラミーは新しいMVの曲ごっさファンキービートだし、スキッツォイドマンのいなたいブルースありきのパンク、レッドアースの大阪らしいサイケデリア、どれもすげーかっこいい。音楽のことをとても大事にしていると思います。

なんてことを言うと、恥ずかしがっちゃうかな笑

とにかく!ソールドアウトしてるツアー京都編、パンパンのnanoで思い切り暴れ倒しましょう!サタデーナイトフィーバーです!

[open] 18:00 / [start] 18:30  [adv] \2500 / [door] \3000

20(日)  ザ・サイレンズ15周年企画
"15祭3発目~京極ランチタイムvol.36"

ザ・サイレンズ / THE SORRY ON PARADE / DOROTHY / CRAZY興業 / イヌガヨ / ThreeQuestions
DJ:マンキチ(The Circus Monkey)

サイレンズは京都出身、東京在住のパンク・ロックバンド。
幾度ものメンバーチェンジを経ながら、一度はボーカルのショウジのみになったこともあったが、それでも不屈のマインドでメンバーを集め、今もなおパンクバンドらしい露出頻度で全国を駆け回る。

鳴らしてる音楽は、エイトビートや跳ねたビートのシンプルなロックンロール。
歌詞もショウジの等身大の言葉で、何も特別なものはないかもしれない。

でも、サイレンズのビートはめちゃくちゃに踊れるし、ショウジの言葉は絶対に胸に届いてくる。
ステージに立って音楽を演奏するのに必要なのは「95パーセントのフィジカルと5%の無限の宇宙」とよく僕は言う。厳しすぎる目で見ればもしかすると95パーセントには届いてないかもしれないけど、ビートを走らせる演奏のマナーもあれば、その5%の宇宙に輝く幸せも切ない哀愁もハンパなく深い。

つまり、パンクロックを鳴らすには、絶対に欠かしちゃいけない、必死の演奏とほとばしる熱がある。
そんなバンド好きにならないわけがない。

15周年おめでとう!

[open] 16:00 / [start] 16:30  [adv] \2500 / [door] \3000

21(月)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

22(火)  ボロフェスタ2018 第1回スタッフのつどい

タイトルの通り、ボロフェスタのスタッフの集まりです。
今年すでにスタッフ応募して頂いた方も、参加しようかどうか迷っている方でも、ぜひご参加ください。
過去の映像をみたり、過去の出演者の曲を聴いたりしながらゆったりとスタッフ同士でお話をする会です。
ボロフェスタのスタッフってどんなことするの?スタッフにはどんな人がいるの?などなど、お気軽にご質問くださいな。
フードは持ち込み自由、ドリンクはnanoのカウンターでお求めくださいな。

お待ちしております!

[open] 19:00 / [start]   [adv] \FREE / [door] \FREE

23(水)  

THE MYHALLEY Ⅱ / 囀り峠 / udaya

フロントマンが濃い日ですね

THE MYHALLEY Ⅱ になってからは2度目のnano出演。
僕にとって目が離せない魅力あるステージをしてくれるバンドで、解散してからも「いつやるんすか」くらいの感じでずっと煽ってたのがようやく復活。
まぁそんな個々人の話は置いといて、今カッコいいかどうか
鈴江さんの歌はとても抜けるので、バンドがガッツリタイム感を合わせる事で爆音を鳴らせるか楽しみです

そして6月末には百長との2マン企画をnanoで行う事が決まっている囀り峠。
単純な音のデカさだけではなく、綺麗な轟音を常に追い求めているバンドだと思ってます
良くも悪くも松本さんのテンションである事が多いんだけど、おうやったるで!と真っすぐな連絡貰ったので。
そのままぶつけてくれる事間違い無いです

udayaは自身のバンドが一区切りして。自分だけの音楽をどう作るかをメッチャ真剣に考えている僕の親友です。
ただミュージシャンシップはとても高いです
彼が作る音楽は尊敬と愛に溢れてるし、udayaがやるから説得力のある音楽をならしてくれる
久々の出演です

自分ってものをしっかり形作ってそれを守っていく格好良さも勿論あるんだろうけど、今の自分達しっかりと変化してて進んでるぜ!っていう変わる格好良さが僕は好きです
そんな3組での夜です。

(ミノウラ)

[open] 19:00 / [start] 19:30  [adv] \1500 / [door] \1800

24(木)  BAR TIME SINGER vol.5
feat.道見舞美1st mini album『APEROL』 Release Tour 関西編 vol.4

LIVE:道見舞美 / 森伸吾(雨面ナラカシ) / 山下キヨシ
BGMセレクター:モグラ(nano)

東京のシンガーソングライター、道見舞美ちゃんのレコ発関西編の4発目を、nanoの不定期開催フランクパーティのBAR TIME SINGERでオーガナイズ。
舞美ちゃんは3回目の登場。力強いギターのストロークに、ロックイズム満開の唄い様。自分の唄いたいことをはっきりくっきり伝えてくれるステージングが大好きです。

1回目は交通事故に合った直後、2回目はライブ終了後フロアで対バンのパフォーマンスに巻き込まれケガして京都の病院で1日入院するなど、とにかくnanoでのライブはついてない。せっかく毎回すげーいいライブしてるのに、ケガの印象が本人の中でも強くなってるかも?
それを払拭させるためにも、すんごいいいパーティで彼女のレコ発を祝いたいと思います!
僕のSEセレクトにも力が入るぜ。森ちゃんもキヨシも、精一杯のステージで祝ってやってくれ!
普段nanoに来るみんなも、週の半ばのフランクパーティ、せっかくだし遊びにおいでよ!!いいもん見せてやるよ!

[open] 19:00 / [start] 19:00  [adv] \1000w.1d / [door] \1000w.1d

25(金)  

れっきとしたsleeper / 西村中毒バンド / フライデイフライデー / THE FREAKS

大阪のれっきとしたsleeperのブッキングにようやっと成功。
ある日梅田ハードレインのブッカーSiMoNが連れてきた首謀者の岡本。話してみると、その朴訥とした空気感と話す内容に「こいつはかなり音楽が好きだぞ?」と直感。その時のもらった音源に関しては「山下達郎がdeath cab for cutieにいたら、というニュアンスで作りました」と言っていて「何言ってんだこいつ」とも思ったけど、聴いてみたら本当にそうだった笑 というか、めちゃくちゃかっこええやん!となってすぐに連絡したけど、それが確か去年の夏くらい?半年以上たってやっと出演かないました。嬉しい。

というわけで、音楽のことと、音楽のこと好きな人しか信用していないミュージックラバーたちをブッキング。

歌心も、アレンジも、センスや愛の結晶による作品しか耳に届かない夜ですよ。
お薦めですよ。

[open] 18:00 / [start] 18:30  [adv] \1500 / [door] \1800

26(土)  ホールレンタル

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

27(日)  いつまでも世界は…に協力のため休業

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

28(月)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

29(火)  イッツファンタイム!!

GuestDJ:レディ・ガヤ(mogran'BAR)
DJ:John(Seuss) / 832boy(THE FULL TEENZ) / ナツコ(メシアと人人) / 海猿(ネオンズ) / モグラ(nano)

[open] 19:00 / [start] 19:00  [adv] \1000w.2drink / [door] \

30(水)  

SUKIDARAKE MAFIA / 山本健二 / than / ネコグルマ

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \1500 / [door] \1800

31(木)  

藤山 拓 / ひやまのりみち(ジャスミンの香) / センテンス / 谷口ビール

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \1500 / [door] \1800