スケジュール

   2017 / 07 < 2017 / 8 < 2017 / 9

いずれの日もチャージとは別にドリンク代¥500頂戴いたします。

どのパーティもお薦めですので 興味をおもちであればぜひ遊びに来てください!

ご予約は チケット予約フォーム にて常に受け付けております。

1(土)  ホールレンタル

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

2(日)  tio「AND」release live

tio / スーパーノア / バカがミタカッタ世界。

三重のインストバンド、tioがニューアルバムをリリース、そのレコ初ライブが久々の開催です。
前回はキムウリョンとの2マンでした。打ち上げにjizueのメンバーや、別でライブしていたテソンとかが合流して、壮絶なモノになった思い出が笑
今回はこの3マン、tioのもつファニーかつ奥行きのあるロマンスを煽っていきたいと思ってのことです!
スーパーノアは、先月至宝のアルバムがリリースされたばかりで、このタイミングでブッキングできたことがとても嬉しい!バカがミタカッタ世界。も久々ですが、その音像の魅力に取りつかれた妹尾リッキーがドラムサポートで参加するバージョン。

実力派3バンドの激突、さ、今年はどんな打ち上げになるかなー笑 jizueが日本にいないから大丈夫かな笑

[open] 17:00 / [start] 17:30  [adv] \2500 / [door] \3000

3(月)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

4(火)  ナノジャム(BAR営業+スタンダードジャズ・セッション)

平日の夜、酒の肴にジャズはいかがですか?ゆったり飲んだりセッションしたりしましょう。

[open] 20:00 / [start] 21:00  [adv] \1000w.2d / [door] \1000w.2d

5(水)  

BAR営業

ミノウラがバーカンにたってます
どなた様でもお気軽に。チャージはフリーなのでふらっとどうぞ!!

※ミノウラがいつものようにお勧め漫画持って行きます

[open] 19:30 / [start] 19:30  [adv] \FREE / [door] \FREE

6(木)  

大濱健吾(ex.ウルトラタワー) / 宮城裕次(ラックラスター) / なかのいくみ(加速するラブズ) / ミサト(Crispy Camera club)

梅雨の夜空に響き渡るグッドソングたち。
定期的に出演してくれるラックラスターの宮城。彼の声とメロディには説得力がしっかりあって、いつもぐっときちゃうんよね。だからなんとか彼の歌が映える夜を!とブッキングを組んでいます。
今回は弾き語りの夜を演出。
宮城とは盟友、元ウルトラタワーの大濱ってブッキングできるんかなって誘ってみたら即決定。「nanoで唄いたいんです!」とかねてから言ってくれていたのはホントだったんだねー笑 大濱のソングライティングはさすがのもの、楽しみです!
そして京都の若手女子二人、いくみちゃんとミサッティ。二人とも若くて可愛いのに、音楽に全てを捧げるような歌を、そういう唄い方でステージでみせてくれるので、とても好きです。

というわけで、男女2人ずつの4人にめちゃくちゃいい歌、唄ってもらいましょう!
ってか女子二人を指して若いっていったけど、もしかして宮城と大濱も若い…?あいつら態度がでかいからわからん!笑

[open] 18:00 / [start] 18:30  [adv] \2000 / [door] \2500

7(金)  休業日

LOSTAGEの新譜をthroat recordに買いに行くという仕事をします。

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

8(土)  Unizzz...「hello」release party

Unizzz... / Red Sneakers / The Fax

先月フルアルバムをリリースした京都の爆音・ファニー・オルタティブ・ポップバンド、Unizzz...のレコ発イベントです。
Unizzz…は僕も大好きな東京オルタナにあこがれている部分が強く、そのアレンジメントにはいつも唸らされます。
先月うちで共演したGMFTPOのメンバーも絶賛してたし、ドラムのAちゃんからは「東京っぽいっすねー」なんてコメントも。
でもでも、東京オルタナティブの周辺のミュージシャンの、音楽的にも思想的にも狂人っぷりを舐めちゃいけないよー笑 あの人たち、とにかくバカうまで、その演奏には狂気すら感じるもんね。

Unizzz...の挑戦はまだ始まったばかり、とりあえず地元京都でのレコ発、爆裂なライブかましておきましょか!
見事な狂いっぷり、期待してます!

[open] 18:00 / [start] 18:30  [adv] \1500 / [door] \2000

9(日)  Faded old city 1st mini album「CONTRAST」Release Party in kyoto

Faded old city / Post Modern Team / Acidclank / YOOKs / ニブルス

*昼間のイベントです。

お昼間のイベント、最近流行ってます笑 僕の中で笑
奈良の超若手インディポップバンド、Faded old cityのレコ発をオーガナイズさせて頂きました!
彼らの演奏スキルも、王道ながらもロマンチックなアレンジメントも、ボーカルタマキの声も、全部全部初めて見たときから大好きで、彼らの好きそうなバンドのツアーや、メモリアルなイベントには欠かさず声をかけてきました。
そのFOCのレコ発をオーガナイズさせてもらえるのは、とても光栄なことで。
同世代のバンドも、少し先輩のバンドも、ごっさ先輩のバンドも交えて、美しい音楽たちが、100パーセントの愛情でもって演奏されるこのパーティ。きっと素晴らしいものになると思います!
打ち上げはビアガーデンだ!

[open] 13:30 / [start] 14:00  [adv] \2000 / [door] \2500

10(月)  

喃語 / Elm Tree Circle(GERMANY、Acoustic Set) / 鯔(狸囃子) / ダイバーキリン / 西向いて北風

北海道の喃語のツアーです。北海道のバンドらしい、骨太のサウンドから連想されるエッジの効いた文学的な風景がとても印象的。
だから月曜という週の初めから、少々ヒリついた夜を。
鯔(狸囃子の高木)の捉えところのない妖艶な魅力、ダイバーキリンの等身大ながらもそれを壮大なものに見せてくれるストーリーテリング、西向いて北風のついに現れだした爆音ローファイ具合。と、関西のアーティストでかためようとしたら、急遽ドイツのポップパンクバンドからツアーブッキングのメールが。今回はボーカルのNicのアコースティックライブということだけど、メロディの美しさが半端ないんです!
いや、これ、色彩豊かな週始めになりそうです!

[open] 18:00 / [start] 18:30  [adv] \1500 / [door] \1800

11(火)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

12(水)  

ネコグルマ / 道見舞美 / オッケーオールライト / 戸田大地

その日の感情で勿論いろいろあると思うけど、勝手に動いてしまうんですよね
そんなグッとくる瞬間を作ってくれる4組です。

最近吹っ切れて、らしさをプレイ出来るようになってきたオッケーオールライトから始まり、2度目の出演となる突き抜ける感情をギター掻き鳴らして歌う道見舞美。
その日の最高を汗と共に歌い上げるシンガー戸田大地、そして自然体のアンサンブルで間違い無い爆発を作ってくれるネコグルマ。
と、一日は流れていきます。

いやぁ。ロックンロールな夜ですよ
週の半ばやし、酒と共に体動かすとか。どうです?

(ミノウラ)

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \1500 / [door] \1800

13(木)  

ゆーの / ピアノガール / 鈴木実貴子ズ / 永尾蕗子

東京の爆裂フォーク・エクスプロージョン・3ピースバンド、ゆーの。名前の表記を「ユーノ」から「ゆーの」に変えてからは初の登場。
コウちゃんとイッチーの爆音かつタイトなリズムの上で大暴れするクロちゃんの歌の凄まじさよ。nanoみたいな小箱でみるゆーののインパクトは本当に凄いよ。
そんなゆーのが来るんだから、こうなったらとことん見る人たちを、ステージから発せられるエネルギーで消耗させてしまえ!という意図のブッキング。
「最近爆音を統制下におけるようになりました」という京都のこの世代髄一のパンクス内田秋率いるピアノガール、名古屋の生き方の下手くそさ故、その言葉を真っ向からぶつけてくるというローファイすぎる武器をもった鈴木実貴子ズ、そして京都の4畳半ハードコアフォーク永尾蕗子。

この4アーティストを週の半ばから爆発させます。
これがnanoの祇園祭じゃい!!(は?)

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \1800 / [door] \2000

14(金)  死んじゃうじゃんかのJUNK UP TOUR 2017

死んじゃうじゃんか / 囀り峠 / 水車

東京の音響フォークバンド、死んじゃうじゃんかのEPのリリースツアーです。
死んじゃうじゃんかといえば、PAとしてはとにかく空間系のエフェクトで飛ばしまくるドロドロのサイケフォークのバンドなんだけど、今回のEPはソングライターでボーカルの武田ミチロウの歌にしっかりとポップネスを備わせていて「おお、これがライブでどれだけノイジーに演奏されるか楽しみだ!」みたいな感じだったんだけど、3曲入りのEPの3曲目が「人工衛星」(というダブポップ)で、なんとその尺12:00、これがフルで収録されているわけです。そんな曲を収録すること自体、もうやっぱり、相変わらずのドロドロのノイジーなサイケポップです笑 

そのノイズオルタナに応えようじゃないの、と囀り峠。一言でいえば90年代のオルタナ好きでしかないんだけど、なんだか好きなんだよ(もちろん僕にとっても青春ど真ん中の音楽)。「もうまっすぐにスマパンを目指しなさい」と最近伝えたところなので、いろいろ振り切れたライブをしてくれる気がします。そういえば武田ミチロウの声もビリーコーガンのような歪と透明感あるな。
水車は初登場。こちらも所謂エモ・オルタナの部類よね。とにかく中音大きくしてね。事前アドバイスはそれだけ。

ぶつかり合ってもらいましょ。ぶち殺し!

[open] 19:00 / [start] 19:30  [adv] \1500 / [door] \1800

15(土)  mogran'BAR 300回記念 all drink¥300

DJ:mogran'BAR crew

うそ、もう300回?すげ。
2004年の3月の第0回から、隔週で続け、月1回になり、100回記念ではオールドリンク100円、200回記念は200円、と来て、これらは安くしすぎて混乱しかしなかったので、今回は「割引なんだね」くらいの値段で、シンプルに300回記念だから300円です!笑

過去には、ネバヤン、ヨギー、DAN、ターンテーブルフィルムス、田中宗一郎、ズボンズ、ビーチズなど大物ゲストの出演もあるnanoの看板パーティ、モグランバー。

みんなでお祝いしてよね!DJのクオリティは本当に、全国のパーティから定評あり!
お待ちしてます!

[open] 17:00 / [start] 17:00  [adv] \FREE / [door] \FREE

16(日)  ハックルワンマンツアー2017

ハックルベリーフィン

ディスイズPOP!ハックルベリーフィンのワンマンライブです!
シンプルに美しいメロディとシンプルに美しい言葉とシンプルに美しいアンサンブル、これらを完全に取り揃えて、めちゃくちゃに素晴らしい歌を聴かせてくれるバンド、ハックルベリーフィン。何年ぶりに出演してくれはるんだろう…。
しかも、ライブの力の抜けようがハンパない。ワンマンだろうがきっとメンバーのマイペースな感じで進んでいくんだろうなあ。
今の、所謂ウタモノをやっている若いバンドにぜひ見てほしい、日本のバンドシーンの至宝です。
贅沢な宵山の夜になること間違いなしです。

[open] 16:30 / [start] 17:00  [adv] \3000 / [door] \3300

17(月)  山田亮一弾き語りワンマン *sold out

山田亮一

*sold out

今年は毎年恒例のロックの日のバズマザーズワンマンがなくて、とても残念だったのだけれど、こういう形を今年はとってくれました。山田亮一の弾き語りワンマン。
最近弾き語りのワンマンをやっているんだなあ、とは傍から見てて思ってたけど、nanoで見れるのはとても嬉しいのです。
バズマザーズは、彼らの音圧やグルーヴ、もちろん亮一の耳を裂くエレキとか、痺れるところはめちゃくちゃあるけど、僕はやっぱり、昔から(ハヌマーン時代から)亮一の歌と言葉がたまらなく好き。
弾き語りでは、その魅力が、心や脳のキャパを超えるほどに感じられそうで、消耗しそう。
でも、そんな予想をされてしまう歌ってやっぱすげー作品なんだわ。

山田亮一の弾き語り、目と耳と心と魂をひん剝いて目撃しましょう。

[open] 18:00 / [start] 18:30  [adv] \3000 / [door] \

18(火)  

カッコイイカリーズ / 恋する感覚 / lethe

3連休が過ぎ、祇園祭もピークが過ぎ、落ち着きを取り戻した京都の町ですが、ライブハウスの喧騒は鳴りやまない!
ってことで今週は休みなしで突っ走ります!
カッコイイカリーズは初登場。でも首謀者のカツラガワくんは、何度も見かけたことあるし、いつも僕のツイートをファボしてくれています笑 そんな彼のバンドがオリジナル曲でついにnanoのステージに立つってのがドラマじゃないか。まだ仕上がってないバンドなのかもしれないけど、nanoが戦いの場所であることは知っているはず。楽しみです。
letheも初登場。奥行きのあるフレーズが印象的なエモ・ポストロックの部類だね。そういったバンドも昔からたくさん出演してくれてるし、nanoでもやってみたいと思ってくれるのが嬉しいね。
恋する感覚は見知った奴が組んでるロマンチックな歌を唄うバンド。随分とバンドらしくなってきたが、あともう一息。ただ大きい音を鳴らすためにどうすればいいか考えるだけなんだけどな。まあ、前回のライブでかなり具体的な指示を出したので、それを咀嚼できていればいいけれどー。

と、まあ、平日らしいブッキング。じっくりと楽しませてもらって、じっくりと評価してあげましょ。
僕らもお客さんも、ね。

[open] 19:00 / [start] 19:30  [adv] \1500 / [door] \1800

19(水)  

麦-minori- / cypher / 城垣誠朗(Hitotonari)

音楽って聴く季節も勿論、時間帯、体調、その他諸々の要素が絡むと思うんですが。
初登場の麦-minori-。音源を聴く所とても人間の神髄というか深い部分を鳴らす、そして歌う人だなぁと。

それなら深い所を知ってるぶっ通しの週の真ん中に彼らをとブッキングに至りました
Hitotonariの城垣誠朗は言わずもがな。彼にとってのポップスを追求して、それがちゃんと潜ってる
前回のソロの時には「ノイズを30分鳴らし続けるか迷いました」と言われました。そんなヤツです。

cypherは名前こそ違えど何度かソロではnanoに呼んでます
彼の作る曲は深く、そして優しいんです。不器用さも等身大でありながら、表現を考え続けている。
そんな3人での夜。
やさしく引きずり込んでくれるので、身を任せてみてはいかが。

(みのうら)

[open] 19:00 / [start] 19:30  [adv] \1500 / [door] \1800

20(木)  梅雨明けのダンス&ロール

mock heroic / mama fu-fuh / ロジカルクマワール / 知らないひと

梅雨明けのダンス&ロール。このコメント書くときにふと思いついたフレーズ。思わずタイトルにしました。
ブリットポップやそのベーシックたるトラッドなロックンロールを唄うmock heroicとmama fu-fuhの愛称の良さは完璧にいいはずと決めつけて初共演。どっちもシャイで、どっちもアホで、どっちもUKの匂い満載で。
さらに、二組とも歌を大事にするところもしっかりあるので、ここにフック的にどえらいメロディをぶち込んでもらおうとロジカルクマワール。この3つでいいバランスだわ。
知らないひとは初登場。オルタナ、シューゲイザーが好きです、自ら触れ込む彼らはどれくらいに自分の音楽を壊すことができるかな?
パッケージングという概念から離れた奴が、この夜は優勝です。(悩め悩め、ぐへへ)

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \1500 / [door] \1800

21(金)  

山下キヨシ / ウエニシコウジ(ざっくばらん) / 藤山拓 / 富岡拓弥(ex.東のエデン)

ロックに憧れ、ロックってなんだと悩み、ええい好きなように唄え!と割り切れば「ちゃんと唄え」と駄目だされ、ちゃんと唄えば「パッケージングしすぎるな」と駄目だされ、また自由に唄えば「ピッチに気を付けろ」と駄目だされ、演奏に必死になれば「客の目を忘れるな」と駄目だされ、ステージをエンタメに仕上げすぎると「ライブハウスは劇場ではないから勘違いするな」と言われ、ええいとにかく気合を入れていけ!とのぞめば「気合をいれると無駄な力が入って音が鳴らない」と駄目だされ、フランクすぎるステージを見せれば「客に金を返せと言われたら返すんか」と怒られ…

そんな叱咤激励を受けて一生懸命生きてるキヨシとウエニシと藤山です。
あ、初登場の富岡くん、nanoはこういう場所です。

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \1500 / [door] \1800

22(土)  フライデイフライデー1st mini album『フライデイフライデー』リリース記念
あなたの街でおはようツアーファイナル京都編

フライデイフライデー / 台風クラブ

春にミニアルバムをリリースしたフライデイフライデーは、時間をかけてツアーをじっくり周り、そのファイナルがnanoで開催です。東京編ではなつやすみバンドと2マンを敢行したやつらの今回の相手は台風クラブ。レコ発ファイナルというだけあって、東京に続いて気合のはいったブッキングだね。

3月周年月間に出演したときに、かつてみたことのないくらいの素晴らしい演奏をしたフライデイフライデー(僕が言うんだから間違いない)。思い切り褒めたらなんと号泣、しかも悔し泣き。「こんな程度の音楽を演奏したいわけじゃないんです…」と泣くボーカル2人をみて、その目指す高みを認識し、とても心強くなった覚えがあります。

それから季節が過ぎ、夏。
サポート・シンセベースに、京都では彼らの才能を最も理解し評価しているだろうビバ☆シェリーのSATOを迎え、さあ、フライデイフライデーの音楽はどこまで、どんなものに昇華されているか。もしくはリアルタイムで昇華されるか。
見ものです。

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \2500 / [door] \3000

23(日)  DAY PARTY「真昼のトーチソングvol.2」

おかだあやかとプヨンとポヨン / TANAKA OF THE HAMADA / ズカイ / キヌガサチカラ(my letter)

*お昼間のイベントです

大学在学中、卒業後もしばらく京都で歌を唄っていた岡田彩香は現在関東在住。最近はリズム隊を従えてライブをすることがあるらしく、そのバンドでの出演を自ら希望してきました。リズム隊とはゴールデンローファーズのみったんと元片山ブレイカーズのだいじゅ。2人ともお腹がプヨンポヨンだからこの名前らしいです笑。
岡田彩香という表記もひらがなにしてみれば「なんだか童話のタイトルのようだね」となり、この名前になりました。彩香の風景や心情の描写の、一見柔らかく温かそうで、でもしっかりと感情を孕む感じ、絵本から受ける印象に似てるよね。

ブッキングは彩香と相談しつつ、彩香の交友関係や音像にそって進めました。
とてもいい夏の日曜のお昼になりそうです。
ビアガーデン行きたいなあ。

[open] 13:30 / [start] 14:00  [adv] \1800 / [door] \2000

24(月)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

25(火)  企画屋UTAGE presents

遊びBAR 2回目 〜レトロゲーム編〜
ゲスト : 村上真平(花柄ランタン)

今回の仕切りは 企画屋UTAGEの佐々木・堀
「近頃の若者は~」なんて言葉をよく耳にします。古代エジプトの時代から口にされてた言葉らしいのでいつの時代のどんな若者も言われたのでしょう。ならば、私も声を大にして言いましょう!「近頃の若者は、自分の部屋でネットを介してのゲームなんていかんですよ!肩を並べての協力・対戦こそですよ」とゲームするために家を探した夏休みも目の前です。みんなでゲームしましょーよ。

任天堂64とゲームキューブは準備しています!その他ハード、ソフトの持ち込みも歓迎です!みんなでゲームしましょうよ!

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \1000(w.1d) / [door] \1000(w.1d)

26(水)  BAR TIME SINGER vol.3

サマンサ / ぴあにかきーこ / 山本健二
BGM SELECTOR : 土龍(nano)

[open] 19:00 / [start] 19:00  [adv] \1000 / [door] \1000

27(木)  it's Fun Time!!

DJ:John(Seuss) / 832boy(THE FULL TEENZ) / ナツコ(メシアと人人) / mogura(nano)

[open] 18:30 / [start] 18:30  [adv] \1000w.2d / [door] \1000w.2d

28(金)  

fuyuco. / 谷直也(Gue) / nolala /

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \1500 / [door] \1800

29(土)  LENGUAS LARGAS+WHITE NIGHT JAPAN TOUR 2017

LENGUAS LARGAS(US) / WHITE NIGHT(US)/ GOLD SODA(東京)/ 4ZUGARA(神戸)/ SANHOSE

[open] 17:30 / [start] 18:00  [adv] \2000 / [door] \2000

30(日)  

ペンネンネンネンネン・ネネムズ / モルグモルマルモ / CANDY / ゆ〜すほすてる

[open] 17:30 / [start] 18:00  [adv] \1800 / [door] \2000

31(月)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \