スケジュール

   2018 / 06 < 2018 / 7 < 2018 / 8

いずれの日もチャージとは別にドリンク代¥500頂戴いたします。

どのパーティもお薦めですので 興味をおもちであればぜひ遊びに来てください!

ご予約は チケット予約フォーム にて常に受け付けております。

1(金)  ZA FEEDO 2nd BADASS EP「Passengers」Release!! FUJIYAMA TOUR! in 京都

ZA FEEDO / 中村佳穂 Band / DJ: EIJI(Dachambo)
opening “in my own way” for you: Moccobond

インダストリアルな音像でありながら、そのオーガニックな歌にしっかり着地点を見せてくれる最高にカッコいいバンド、ZA FEEDOのリリースツアー京都編がnanoで開催!めちゃくちゃに嬉しいです!

ドラムを叩くマサナオくんが一昨年yasei collectiveで出演してくれて以来に連絡をくれて、今回のツアーは「ここでまたやりたい!」って思ってくれたってことか!って大喜び。
しかも2マンで、その相手が、3月の周年月間で祈りにも似た歌を鉄壁のバンドアンサンブルの上で跳ね回るように唄ってくれた中村佳穂バンド!

え!?これ最高じゃね!?
しかも「モグラさん、関西のバンドでこれしかないオープニングやってくれるバンドいないっすか?」というお願いに、これしかない!我が道を行くことを決めたMoccobondをぶち込みました!(仕事は休ませました笑)

それにDJにDachamboのEIJIさんまで…。
どんだけ贅沢なnanoやねんて…。

んーーー!
6月初日の金曜日、やべーパーティーの開催だ!

[open] 18:00 / [start] 18:30  [adv] \2800 / [door] \3300

2(土)  カワサキレオン 1st full album「loopline」release party in 京都

カワサキレオン / 尾島隆英 / Gue / Nakanoまる / Susan Hendrix

栃木の愛の伝道師、カワサキレオンのレコ発をオーガナイズさせて頂きました!
初めて歌を唄いにきたときのレオンをみて、ピアノのインプロ感と癖のある声に「お、『普通のそこらにいる所謂シンガーソングライター』とは違うぞ?」と思ったけど、歌を聴いていると、何ともまあ、ソウルたっぷりに唄う女子であることか。身近な人間で例えるならば、フジ久の藤原とか真夏っちゃんとか、その類のパンクスを携えているというか。
とにかく、入りの時とは全く雰囲気の違う、ステージでの凛とした佇まいにグっと来まくったのでした。

そんなレオンが、少しの間休止をしていたかと思えば、最高のアルバムを引っ提げてnanoに凱旋したいと連絡をくれました。待ってました!とばかり、歌に存在感とエネルギーを溢れさせるミュージシャンをブッキング。

その放たれるエネルギーにあてられて、消耗しきって帰ってください。
いい土曜日になるぞ、こりゃ。

[open] 17:30 / [start] 18:00  [adv] \2000 / [door] \2500

3(日)  ベランダ『Anywhere You Like』Release Tour “Anywhere We Like” 京都編
*SOLD OUT

ベランダ / スーパーノア / CHIIO / Gateballers

4月にリリースされた、オール新曲によるアルバムが大好評のベランダ、そのリリースツアーの初日がnanoで開催です!
メンツはベランダが常共演してきた、そして共演を待ち望んでいたアーティストたち。独特の渋み深みのある音楽をキャッチーな歌に落とし込むことのできる音楽家たちの宴です。

ベランダの歌は夏の匂いがする。

眩しすぎる太陽、刺すような日差し、蝉の鳴き声、テレビの中の高校野球の喧騒、溶けかけのアイスクリーム、クーラーのモーター音、皮の剥けた焼けた肌、夕暮れ時に物思いに耽る自分…。
全部夏の風物詩だけど、全部煩わしい。
でも「夏だからなぁ」って曖昧な理由ですべて許せる。
だって夏が好きだもの。

2018年6月3日、初夏というには高すぎる太陽が沈み始め、初夏独特の優しい風が頬を撫で始める、その時間帯に、始まります。
輝き始めた京都の宝物、ベランダの夏が。

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \2500 / [door] \

4(月)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

5(火)  「Rhythm & Booster!!」

音の旅crew / Atomic Stooges / 踊る!ディスコ室町 / Garden of chicken cokes

初登場、音の旅crewがnanoにやってきます!
西海岸のミクスチャーありきで、より軽快に夏を鳴らすイメージ。男のかっこいいところも、女々しいところも全部アッパーなパーティーチューンに盛り込んで、フロアをアゲにきてくれます!
マネージメントの担当者がAtomic Stoogesの旧友ということで、Atomicとの共催企画です。
この2バンドのビートが跳ねたアッパー加減と少しざらついた男らしさに沿ってブックしたのは、ディスコ室町の泥臭いファンクと、オレンジカウンティ臭満載のミクスチャーパンク・ガーチキ。

それぞれのビートの鳴らし方にそのまま身を委ねて、唄うもあり、手を挙げるもあり、ステップを踏むもあり、ジャンプするのもあり、腰を振るのもありっす!

ヴァイブス高めのパーティ感が期待される週の初め、火曜の夜。ウェイクアップ!チューズデー!!からのカンパーイ!!

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \2000 / [door] \2500

6(水)  「美味しい具材を巻かNIGHT!」

いちやなぎ / 藤山拓 / senoo ricky
FOOD:まーこおばちゃんの手巻き寿司

はい。
今とても戦闘力の高い3人による弾き語りの夜です

凄い個人の感覚的な話ですが、
いちやなぎ=小学校の時の卒業アルバムを見て思い出される景色
藤山拓=夕暮れから夜に不安と希望が入り交じる感情
リッキーさん=涼しい風が入ってくるワンルームでの生活
です。

予報では梅雨入りで雨らしいけど
雨すらも取り込んで暖かみを出してくれる3人です

その上でFOODに関して他の追随を許さないま〜こばちゃん。
手巻き寿司のご飯は黒ごま入りらしい。美味しさしか感じない、いや、すでに美味しい。

日々を贅沢にするのは自分自身の動き方だと僕は思ってます。少なからずこの日遊びに来た皆さんは「贅沢やわ〜」って気分になりますよ

(ミノウラ)

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \1500 / [door] \1800

7(木)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

8(金)  

エンペラーめだか / Nurse / chilco

ノイズってなんだ。
定義で言うと「余計なもの」ってとこかな。音にももちろんあるし、感情にもある。食事にだってあるよね。卵焼きに卵の殻が入ってたらそれは「ノイズ」。

でも、「音」ではなく「音楽」に関して言うと、解釈がぐっと広がる。
三度だけが和音じゃないし、音楽を追及していきたいものなら二度だって試したくなるし、耳にうるさいものでも「もしかすると」と新しい響きを探すかもしれない。
本当に美しい音ってのは、自分の知らないところにもきっと鳴ってるはずで、今まで聴いたことのないものかもしれない。でもそこに存在するのは「自分の歌を信じる心」。それがあるから、音楽を、自由に鳴らすこともできる。

歌に着地点のある音楽を鳴らす3組のアーティストは、どれだけ「美しいノイズ(=ファンファーレ)」を同時に鳴らしてくれるかな?

[open] 19:00 / [start] 19:30  [adv] \1500 / [door] \1800

9(土)  バズマザーズ ワンマンショー *SOLD OUT

バズマザーズ

2年ぶりのロックの日のワンマンライブ。
もう、バズマザーズやそのワンマンに向けてのコメントここでは必要ないよね。

バズマザーズは絶対にすげーライブをする。それはもうわかってる。僕らの想像なんて余裕で超えてくれる。
そこにお客さんには素直に反応して欲しい。やつらがかっこよかったら遠慮なく喜んで欲しい。恥ずかしくなんてないよ、だって、この日フロアにいる人は、みんなバズマザーズに心酔してる人間ばっかなんだからさ。「バンドの最高」が「みんなの最高」に火をつけて、夜そのものの「最高」を生みますように。

輝いている夜明け前は、もう夏だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下、ご来場予定のお客さんへのお願いです。
・今回チケットはソールドアウトしております。キャンセルされる方は、必ず、nano1950@leto.eonet.ne.jp まで事前にご連絡ください。
・チケットの発行をしておらず、整理券番号もございません。ご入場はご来場順になります。nano周辺は住宅街となっておりますので、近隣の住民の皆様のご迷惑にならないようお並びください。
・nanoはとても小さな会場です。今回の全体のご予約枚数はキャパシティとしてはかなり限界の数字です。こちらで開演前に「前に詰めてください」などのアナウンスをすることになりますが、その都度ご協力をお願します。
・nanoにはコインロッカーがございません。無料のクロークを設ける予定ではありますが、無料故、イベント開催中にお荷物を管理することができません。お荷物は近くの駅(地下鉄「烏丸御池」「二条城前」など)のコインロッカーにお預けされることをお薦めします。もしくは、そもそもの手荷物を少なめでのご来場をお願いします。
・イベント開催中はかなり空間内の空気が薄くなることが予想されます。気分が悪くなられたら、必ずお近くのスタッフにお声をおかけください。




[open] 17:30 / [start] 18:00  [adv] \3500 / [door] \

10(日)  カッパマイナス「HEAVY LIQUID」Release Party in 京都

カッパマイナス / さよならポエジー / ANABANTFULLS

カッパマイナスのアルバムが去年の暮れに発売されました。なんと1枚目。うそ。あんなにライブをしまくってるバンドなのに?大阪代表なのに?

そう。大阪代表。キャリアもあるし、ライブもかっこいい。でも全国的に知名度のあるバンドで人気がめちゃくちゃあるかというと、そうでもない。そういう代表がたくさんいるよね。大阪には。
例えばand Young...、例えばジャカランタン、例えばBaconなどなど。ハードコア界隈入れたらもっといるし、Lovesofa界隈とかも。もうキリがない。
とにかく、そんな猛者どもの中で、「美しい爆音」代表がカッパマイナス。過去にはゆれるがいたし、ハヌマーンもいた。東京いったり、解散したり。
でも、今でも大阪にはカッパマイナスがいる。凛と君臨してる。

耳に触りのいいでかい音の上に聴こえる繊細な言葉とメロディ。込められた熱い想いと憂鬱。叫ばれる人間の声には大きな愛を携えて。

嗚呼。なんとかっこいいバンドなんだろう、カッパマイナス。

彼らのレコ発をオーガナイズさせてもらえることの光栄さよ。これしかないという最高の3マンをブッキングさせていただきました。埼玉のフーファイターズことANABANTFULLSに神戸の若き詩人さよならポエジー。さよポエも今回レコ発ツアー中。

ある若い奴の言葉を、癪に触るけど、敢えて使わせてもらいます。
「愛と音は大きい方がいい」(by 渡辺りょうfrom the seadays)

[open] 17:30 / [start] 18:00  [adv] \2000 / [door] \2500

11(月)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

12(火)  ナノジャム(BAR営業+スタンダードジャズセッション)

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

13(水)  

第5回 アナログゲームBAR営業〜重ゲー・軽ゲー融合編〜
※この日はGUESTがいます

皆大好きアナログゲーム。
人生ゲームやドンジャラを昔にやった人も多いはず。

5分で1ゲームが終わる所謂軽ゲーから、1ゲームに1時間半はかかる重ゲーまで
様々なゲームを揃えてます
アナログゲームを作ってるコトさんが今回も遊びに来てくれます(どんなゲームを持って来てくれるのか ワクワクです)

予約不要!初心者大歓迎!
ついつい時間を忘れてわいわいしましょう

*いつものゲーム達*
Dixit 、人狼ゲーム、FLUXX、ウボンゴ、ラブレター、狂気山脈、CONCEPT、algp 

[open] 19:30 / [start] 19:30  [adv] \FREE / [door] \FREE

14(木)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

15(金)  ボロフェスタpresents「スタッフのつどい」

ボロフェスタスタッフの飲み会です!
とはいえ、スタッフ説明会も兼ねていますので、興味ある方はぜひご参加ください!
とはいえ、ただの飲み会です。
親睦会というか、来るべき日に備えて、あらかじめグルーヴ高めていきましょうや!ってやつ!
I WANT YOU!!

[open] 19:00 / [start] 19:00  [adv] \FREE / [door] \FREE

16(土)  山下キヨシ ミニアルバム 「River」発売記念イベント京都編
『言の葉の海原』

山下キヨシ +Plus (Drums:ROUX・Contrabass:秋山 開 from colspan) / colspan / It will be rainy(but I go) / 荒深菜摘(兵庫) / the mother’s booth(東京)

シンガー・ソングライター山下キヨシの新譜のレコ発。
一生懸命働いて、一生懸命曲かいて、一生懸命言葉を紡いで、一生懸命ギターを弾いて、一生懸命唄って、一生懸命レコーディングして、一生懸命イベント組んで、一生懸命ライブする。それがキヨシ。
いいライブする時もあるし、中には名曲やんと思える曲もあるけど、音源がいいとか、ライブがいいとか、そんなんおいといて一生懸命なのがキヨシ。
そんなんおいといてとか言っちゃうと、ミュージシャンを指してそんなこと言うの失礼かもしんないけど、だって、なんか頑張ってるし応援したくなるんだもの。nanoに出てる奴では珍しいタイプかもね笑

その一生懸命な姿をみんなにチヤホヤされて、調子乗ってずっこけて、自分はかっこつけてもダメなんだーってハートでわかって、素のままのキヨシが一生懸命唄ってくれればなあ、と思います。

[open] 17:30 / [start] 18:00  [adv] \2300(学割¥1000) / [door] \

17(日)  SATOL aka Beat Live in kyoto

Guest LIVE:SATOL aka BeatLive [a匕to/STRUCT]
LIVE:村島洋一 + 岡田康孝(contrabass) + 子者(dub) / NAHAVAND / anu-pass

ハードコアなマインドを持ちながら、エレクトリックなノイズでトラックメイクするアーティストSATOLの冬以来のnanoでのライブ。
そのビートメイキングは音がデカイのはもちろんのこと、音像のインダストリアルさもあるんだが、確実に濃い血の味がする。その魅力に首ったけ。ストーリーテリングもまた美しい。

そこに応えられるのは、あえてトラックメイカーをブックするわけではなく、歌であったりリリックであったりバンドの音圧であったり。でもそれらは、ノイズと相いれないものではなく決してなく、むしろ隣り合わせでギリギリでせめぎ合ってるような音たち。

日曜日の夜にヒリつきながらも、人間がダンスをする、ステップを踏むパーティーを。
何度も言う。美しいノイズはファンファーレだ。

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \2000 / [door] \2500

18(月)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

19(火)  ナノジャム(BAR営業+スタンダードジャズセッション)

[open] 20:00 / [start] 21:00  [adv] \1000w.2d / [door] \1000w.2d

20(水)  BAR TIME SINGER vol.6

シンコウズ / ホシノコウスケ / ぴあにかきーこ

[open] 19:00 / [start] 19:00  [adv] \1000(w.1d) / [door] \1000(w.1d)

21(木)  「カツラ帝国」

Transit My Youth / the McFaddin / unizzz... / スーパーバック

ジャパンインディー大好きな(ジャパンに限らんかもだが)大学生、カツラガワが皇帝として君臨する彼の企画「カツラ帝国」の第2回。
第1回の時、皇帝は緊張しまくりの、なんか声も小さくて、体は大きいのに生まれたての子犬みたいになってしまっていました(笑)
本人楽しそうだったんだけど、本当に楽しんでたのかなあ、と不安になっていたのですが、第2回第3回の開催を決定したいとの連絡が来たので、どうやら心は折れていない模様(笑)
今回、皇帝は暴君ネロばりに独裁っぷりを発揮して欲しいものです…。

企画というのはですね、演者がかっこいいのも当たり前、ライブを観に来るお客さんが楽しいのも当たり前、その上で、企画者が「あ、この人がこのイベント作ったんだ」と顔が見えるくらいに目立つのが必要なんだぜ?
ステージとフロアとオーガナイザー。この3本の柱の本気が見えてこその最高のパーティの出来上がり!

てなわけで、カツラガワ、思い切り遊んでくれ!

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \2000 / [door] \2500

22(金)  YOOKsの「THE BOYS ARE BACK IN NEW TOWN」

LIVE:YOOKs / Gue
DJ:Takeshit(ボロフェスタ)
Liar:カーミタカアキのフリースタイル嘘話
Magic:ミノウラヒロキ・マジックショー

大学生ゆえの諸々の事情でライブ活動が休止してしまっていた、京都のニュータウンポップバンド、YOOKs。
クールな跳ね気味のビートと、その上に流れる艶のある声で唄われるメロディは、自分や自分の恋する相手の住む街の風景をそのまま描いてるようで、なんとも親近感も感じられつつ、でも勝手に物語が紡がれるようなファンタジックなロマンスもある。
そんなYOOKsが大好きなので「そろそろライブできそうです」と聞いてすぐに、今回のフランクなパーティを企画しました。
共演には、ベース清水が同時に在籍するロックバンドGue、盟友カーミによる異色エンターテイメント「フリースタイル嘘話」、フランクパーティには欠かせない「ミノウラヒロキ・マジックショー」、DJにはボロフェスタスタッフから眠れる獅子の如く物静かにブラック系を中心に音楽を掘りまくるTakeshit aka タケシ。
ここにあとピザでも頼めば完璧だね!

タイトルですが、エルレの復活ツアーのタイトルが「THE BOYS ARE BACK IN TOWN」だったので、それを元ネタにYOOKsのニュータウンポップをかけたのではなく、掛けたのはTHIN LIZZYの名曲「THE BOYS ARE BACK IN TOWN」ですからね!エルレのタイトルの元ネタもきっとこれだろうけど。

[open] 19:30 / [start] 19:30  [adv] \1000w.2d / [door] \1000w.2d

23(土)  ユタ州presents「ユタ州のドンとやってみよう!」〜ユタ州 vs THE BOOGIE JACK〜

ユタ州 / THE BOOGIE JACK

ロックンロールバンド、ユタ州の企画がnanoで!
ユタ州のロックンロールには、哀愁がしっかり漂ってて、でもそれを奏でるバンドとしてのかっこいいビートによるパーティー感、なによりメロディがたまらなく美しくって、初めて観た時から大好きなバンド。
まだ3回目の出演かなあ。それなのに、「なんだか僕らのホームみたいな気持ちになれるくらい好きです」なんていってくれて、相思相愛。ほかのハコでも言ってなきゃいいけどなあ、ってそんな奴らじゃないか(笑)

今回の企画はガチンコ2マンショー!結成18年目を迎えるTHE BOOGIE JACKは、nano初登場。彼らもまたユタ州と同じく歌に哀愁を漂わせて高らかに唄うバンド。絶対に好きやん、好きしかないやん、という感じで楽しみっす!

どちらも持ち時間60分ずつの長尺です!贅沢にいこうぜ!

[open] 18:00 / [start] 19:00  [adv] \2800 / [door] \3300

24(日)  mogran'BAR

guest DJ:onionboy (YAVADJs / タイガーウッズ) / 5364(アニメトロ / A.A.M.M.)
DJ:mogran'BAR crew

6月のモグランバーです!

毎月どこかの週末に開催しているモグランバーは、純然たるDJパーティ。マンスリー開催だからこそ、DJたちのマイブームに沿ってセレクトは、ワールドワイドにリアルタイム。癖もあるがクオリティも高く愛も深いレジデントDJたちのスピンはまじエンタメクラスに楽しいので、いつでも遊びにおいでよ!

今回は特に外からのゲストがいるわけじゃないんですが、2人のパーティー・ヴァイブスの高いDJを地元からお呼びしました!
オニボくんは毎年の餅つきにも皆勤中のモグラン準レギュラーだし、ゴミちゃんはメトロスタッフとして親戚付き合いしてるようなもん。二人とも、すげー楽し気にDJやるし、たっぱもあるからフロアも華やぐんよな(笑) 

ゴミちゃんは顔も濃いからな!

[open] 18:00 / [start] 18:00  [adv] \FREE / [door] \FREE

25(月)  休業日

[open] / [start]   [adv] \ / [door] \

26(火)  イッツファンタイム!

DJ:John(Seuss) / 832boy(THE FULL TEENZ) / ナツコ(メシアと人人) / モグラ(nano) / 海猿(ネオンズ)

フード持ち込み自由

[open] 19:00 / [start] 19:00  [adv] \1000w.2d / [door] \1000 w.2d

27(水)  

第1回 チキチキ ミノウラと◯◯◯の夏直前「持ち込み企画試し」

[open] 19:00 / [start] 19:00  [adv] \1000(w.1d) / [door] \1000(w.1d)

28(木)  

MOLE HiLL / Arakezuri / LODY POPS

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \1500 / [door] \1800

29(金)  星の王子さまたち 2nd.Album「Beautiful」レコ発ワンマン

星の王子さまたち

[open] 19:30 / [start] 20:00  [adv] \1500 / [door] \2000

30(土)  囀り峠Presents.
Undulation Parade vol.3 -月のとばり-

囀り峠 / 百長

[open] 18:30 / [start] 19:00  [adv] \2000 / [door] \2500